Entries

自分の姿を恥じてはいけない


2016.12/23に追加修正したものに、またここで★を付け加えます。
2017.2/10


私、アトピーによる容姿の事で、気持ちを乱されるのは卒業しようと思います。

(★そう言い切って、スパッと出来たら苦労はしないんだよね
2017.2/10)

下にある6年前の記事を読んで思っています。

もう、いい年齢になったのだし

(★いやあ、歳は関係ないんだよね〜 2017.2/10)

周りを気にしてとか
過去のよかった時代を思い出してとか
今を嘆く材料にすることからは決別しようと思います。

(★そうね、嘆く材料に使うのは、自分にとってマイナスだね
2017.2/10)

私はですが、多分一生、完全に治ることは無いでしょう。

(★ …とは言い切れないと思っています
言い切りたくなんかないし! 2017.1/15)

最善を尽くし、計算してやってきたので、長い目で見れば悪くなることは無いでしょう。

(★この事が強い味方だよね 2017.2/10)

でも、期待しているような全くの普通人にはなれません。

(★ この時は長引き次々押し寄せる波に落ち込んでいたのでそう思ったのですが、
今は違うと思い直しています 2017.1/15)
(★悪化中の気分の落ち込みは特別だからね 2017.2/10)

この先もいい時と悪い時を繰り返すと思います。

(★でも、長い目で見ればラクになるから! 2017.2/10)

今迄は完全な普通肌の人になれる希望を持ち続けていました。

それが良いことだと思っていました。

でもかえってそれが、自分を苦しめることになっているとも言えます。

今の自分を否定してしまうからです。

(★これはその通りだ
今の自分のことも否定しないようにしよう
自分を恥じたりしたら絶対にいけない!
同様の悩みを持つ人達の為にも率先して強くならなくては!
今、そう思っている
つい先日、そう思わせてくれる事があったから
その時すごく悩んだ
でもその結果、気付けたから 2017.2/10)

否定した自分を人に見られるのは苦痛です。

そこで、発想を変えてみることにしました。

私はもう一生このままである

だから、この姿で出来ることを考える、です。

もっと言うと「この姿だから出来ること」です。

(★今のキャラを大事にするってことね
昔に戻ろうと思わないで、という 2017.2/10)

特に悪い事をした訳ではないのです。

この病気で恥じる事など無いのです。

恥じてしまうのは自分の心が狭いからです。

(★そう!恥じちゃいけない、絶対に 2017.2/10)

その肌には恥ではなく、必死に頑張ってきた証があるだけです。

自分が丈夫な肌の人達に近付くことを切望するのではなく

自分と同じ様に苦しんだ人に寄り添い、少しでも和らげる側にまわるのです。

その結果、自分も生き生きと生きられるようになる

そう言う風に切り替えようと思います。

(★この心がけはいい。でも、自分自身のことも諦めないようにしようよ。
生きている限り、頑張り続ければいいじゃん!2017.2/10)

自分にとっても世の中にとっても
何も良い事が出来なくて終わってしまったら
この人生が勿体無いと思います。
年を取ったと言う事でしょう。
でも、それが回りまわって自分の幸せに繋がると確信しています。


2016.12/23

***・・・***・・・***・・・***・・

2011.1/24

実は私、ちょっと冷静さを失ってました。

一昨日、久々にスーツを着て外出したのです。
いい天気で日差しが明るい日でした。
ショーウィンドーに自分の姿がバッチリ映りました。
顔のシワがクッキリ見えました。
ショックでした。

次の日テレビ電話のお試しを偶然うっかり触ってしまって、
なんの心の準備も無い状態でバッチリ至近距離でドアップを見てしまいました。
前の日のショックも覚めやらぬ中、今度はもっと大きなショックを受けました。
心臓に悪いです。

それからすごく落ち込み
精神的にかなり不安定でした。

ここ最近は調子が良くて
「かなり普通の人に近付けてるんじゃないか」
なんていい気になってすらいたのです。
それがやっぱり全然違うと気付かされると…
もう辛くて辛くて仕方がありませんでした。

でも
これは必ずいつか通らなければならない道だと思い直しました。
その時期が今なのだと。
進んでいれば必ず辛い時も訪れます。
少し冷静さを取り戻せました。

ずっと自分の顔を見ることを避けて生きる訳にもいかないですし、今後こういう事は増えてくると思うのです。

だから今それが来たという事なのでしょう。


追記(2011.1/25)

昨日の記事に引き続いて…

つらさには段階があるんだ
今は普通の人の世界に入る時には必ず越えなければならない壁の前にいるんだ
“壁”というと険しい障害の様に思ってしまうけど、
見方を変えると
「ここまで来れたんだ」
ってことでもあるんだよ

 

容姿を嗤うな


人の容姿を嘲笑う様な気持ちは、絶対に持ってはいけない

かなり重い、強い言葉だが、今日はハッキリと言いたい

今、世の中は商業主義で、物を売る事が優先である都合上、容姿を優先しがちだ

人の容姿を嗤うことに躊躇が無い場面にも出くわす

言われた人も、場の空気を保つ為に笑っているけど、内心はどうなんだろう

より綺麗に、より清潔に、よりお洒落に、もっと、もっと、もっと…

人より上の立場になって、優越感を得たいが為に

でも、これを何処まで進ませるつもりだ?

不当な差別を進ませることなのに

希望を持って自己向上の為に頑張ること自体は素敵なこと
芸術的な行為や工夫することは素晴らしい
でも!
努力でどうなるものでもない事情は考慮に入れていない

簡単に見下す

短絡的過ぎる

ここに関しては徹底すべきだ

教育の基礎として教えた方がいい

上っ面だけではなく、本音で

人間には、生き物には、色んな形がある
色がある、状態がある、段階もある
皆、それぞれに尊いのだ

私はそう結論付けた

負け惜しみだと思う人は居るだろう

でも、その人も差別される側にならないとは限らないのだ

今はそんな事、思いもしないだろうが

いつ、病気になるかもしれない
それは今迄に見たこともない奇病かもしれない
いつ、大事故に遭うかもしれない
事件の被害者になるかもしれない
抑圧された差別主義な社会で、正常ではなくなってしまっている人も増えているから
大災害に巻き込まれるかもしれない

自分だけは絶対に安全だと思い込んでいるのか?

何故そう言い切れる?

自分だけは特別だとでも思っているのか?

そうなった時、初めて知るのだ

私が今、書いていることの意味を

私も昔は知らない側の人間だった

自分が今の様になるとは思いもしなかった

そんな時期があったのだ

そんなお気楽な無知さにバチが当たったのかもしれない

過去の自分に伝えたい


人の容姿を安易に嗤うような人間になってはいけない
場に釣られたのだとしてもだ
そういう気持ち自体が駄目なのだ

人と違う人を見た時、相手の事情を思い計り、尊重する気持ちを持てる人が増えてほしい

それは結局、自分自身を救う事になるだろう

 

インド女性への思いと犯罪心理


終わろうと思ったのに、結局考えることが止まらなかった

前記事「ここ最近のテーマから

自分の中で答えが出ていないからだ

思えば、私は子供の頃から、平等とか人権問題に対して思いが強かった

考えたことを続けて載せることにする


インドで、女性をこんなにも酷い目に遭わせても許されるという考え方が広まっているのは何故か

色々調べて、歴史的背景(戦争や侵略や宗教など)はわかったが、それでもやっぱり不思議でならない
まだ納得出来ない

何故あんなにも恐ろしい事が起こってしまったのか

何故あんなにも酷い所業が出来てしまったのか

その心理というのは一体どんなものなのか

そして、どうしたらこんな事が起こらなくなるのか

そうだ、加害者の心理を知りたいのだ

心理の仕事をしている人間だからということもあるだろうが、私の元々の止められない気質だ


階級制度をより強固なものにするための都合として、
女性を忌まわしい悪しき存在と見傚して、抑え付けておかなければならないという考えが長く続いたという

でも本来、人間は異性に惹かれるもの

その本能との兼ね合いはどうなっているのか

慣習とはそれを飛び越えさせてしまう程、強いものなのか

男から見て女性は魅力的
(私の中の男性性・アニムスを動員してもそう感じる)
特にインドの女性達は美しく感じる
生きた宝物の様な存在だろうと思う

だから女性を見付けると放っておけずに関わろうとしてしまう
本能的には触りたいのだ

だが、性行した後、肉体を破壊するというのは、どういう心理か

ただ、自分も暴行を加えられながら、恋人を必死で守ろうとした男もいる
見付かれば酷い仕打ちを受けると知りながら駆け落ちする恋人達もいるらしい

つまり、全ての男が奇行に走るわけではないのだ

よく考えてみれば、ほとんどは常識的な人間なのだろう

凶悪な犯罪は一部の者によるものということになる


いい例えではないが、庭の草取りの時のことを思い出してみよう

お尻にハサミのあるムカデの様な虫がいた
怖いと思った
胴体を真っ二つにした

虫は殺してもいい存在だと信じ込んできた

罪悪感も強くない
(でも、こうしてずっと忘れていないのは罪悪感が残っているからだ)

もし、ハサミで攻撃してきたら
もっと酷い殺し方をしたかもしれない

それに似たことなのかな

あのムカデがとても美しい珍しい形だったら
手に入れたいと思うのだろう

女性は男から見て美しい
女性の数が極端に少ない世界では尚更そう思えるだろう
インドはその社会構造により、女性が少ない
女性は男から見たら欲しい宝物なんだ

でも、手に入れた後のケアまでは出来ないとしたら
その場で手に入れて、後はゴミの様に燃やしてしまう
そういう心理になってしまうのかな

弱い者に対して、人はどんどん傲慢になる

恐ろしいが、人間にはそういう習性が潜んでいるのは確かなんだ

圧倒的格差を与えられた時、その人間に歪みがあった場合はそれが顔を出す

マイナスの条件が重なってしまった時に


被害に遭った女性達は魅力的な人ばかりだった

凶悪な男達と言えども、誘惑されるのは確かなんだ

でも、性行を遂げた後、誘惑されたことを恥じるのか

その恥を拭う為に、被害者女性を亡き者にするのか

自分のプライドを保つ為に

自分が魅力に負けたということを誤魔化すために


犯罪者の心の闇に焦点を当ててみよう

そもそも犯罪者達は、どういう人間なのか

どんな境遇で育った者達なのか

圧倒的な力を持つ階級社会の中で

人の心理はどう歪められていくのか

映画「es(エス)」
危険な心理学実験
囚人と看守の役を設定すると、人はどうなるかというお話

これの元となった
「スタンフォード監獄実験」

人は置かれた環境で、置かれた立場らしく振舞う様になっていき、
それがどんどんエスカレートしていき、本人の意思では止められなくなってしまう…

この心理とも関係あると思う


女の人を酷い目に遭わせると、いいことをしたかのような錯覚が得られるのだろうか

祭りのような?

狂気の祭り

ハイテンションになってしまう

残酷な事をすることで気分が高揚してしまうのではないか


歴史や環境に影響を受けて

何かに突き動かされるように凶行を犯してしまうのだろうか

とすると、彼等も大きな力の被害者なのか

加害者本人達も楽しいわけではないのかもしれない

弱い者をいたぶる者は、恐怖に後押しされていることが多い
彼等は社会から知らず知らずのうちに恐怖の圧力を受けているのかもしれない

狂っている社会の中にいると、常に狂気の影響を受けているのは確かなんだ

自分のいる世界に合わせようとしてしまうんだろうな


映画にもなった酷い事件を思い出した

「評決の時」だ

黒人の娘(なんと10歳!)が白人の大学生2人にレイプされ
その後残忍な暴行を受けた
娘の父親が犯人2人を銃撃した
裁判の映画だ

あの時の犯人の凶行が、このインドの社会問題と繋がる

あの犯人達はレイプの後、酷い暴行を加えたのだ

性行だけでも酷いのに
嗤いながら自分達の尿をかけ
その後、女の子を樹に吊るしてマトにして空きビンを投げ付けたのだ
(激しい怒りで、あの映画を観た後、暫くは心が元に戻らなかった)

あの犯人達の心理だろう

戦争の時に捕虜をいたぶったり
中世の魔女裁判で拷問をしたりするのと同じ

ホームレスの人をいたぶるならず者達と同じ

コンクリート事件の犯人達

いじめが行き過ぎて、凶行になってしまった者達

虐待が行き過ぎてしまった者

いたぶりという行為自体を愉しんでしまう心理

これをしたらどうなるかという興味

捕まえた虫をいたぶる幼い子供達の心理

何故、人間相手にそれが出来るのか

相手の人権を認識出来ていないからだ

自分と対等な人間だと思えていないからだ

思えていなくても、普通なら酷い行為って出来ないものだけどね

人を思いやる気持ちが欠如しているんだ

「いけないことだよ」という意識が抜け落ちてしまっているんだ

「自分がやられたらどうなの?」という意識を持たせることだ

「逆の立場で考えてごらん」と誰かが教えるべきなのかもしれない

常に、相手の立場になって考える習慣を持っているものなら、決して残忍なことは出来ないものだ


犯人が複数だった場合
仲間意識も関係ある
仲間に腰抜けと思われたらいけないという恐怖感

仲間に自分が強いところを見せないといけない

集団心理

例えば、結婚を断られた男
もしかしたら、それを聞いた周りの男達が焚き付けた可能性もある

「お前、そんな侮辱を受けて、相手に思い知らさなくていいのか?」などと
「そのまんま放っておいたら男の沽券に関わるぞ」
そういう流れも想像出来る

前に誰かの凶行を手伝ったから、今度は自分の番ということもあるかもしれない!

断れば「裏切り者」ということで、今度は自分が酷い目に遭わされるかもしれない
それは大変な恐怖だろう
自分が仲間達とやった事が、今度は自分に降りかかる…
そういう事情が絡み合っている場合もある

最初からこういう仲間と関わりを持たなければいいのだが、そうもいかない

精神的に自立出来ていない弱い人間は、そういう集団の圧力に弱い

仲間に入れば強くなった気になれる

最初は安易に関わる

深く関わってしまい、自分も加害者となってしまったら、もう抜け出せない

強い恐怖感は人を簡単に凶行へ向かわせる

そこまで来たら、もう後戻りは出来ない

段々、理由が納得出来てきた
そういう流れかと
なんて醜い
なんて脆弱な

人は、正しい心を強く持ちつづけていないといけないと痛感する


教育だ

これを防ぐには教育しかない

子供の時から
「自分がされて嫌なことは、人にしてはならない」
と教えなければならない
それと
「人は皆、平等に基本的人権を持っている」
ということも

「仲間が誘ってきても、いけない事はしてはならない」

「常に自分の頭で考えて、慎重に行動すること」

これもだ

こういう基本的なことが身に付いていない者が少数でも居るだけで
その他多くの人間の安全が脅かされてしまう
みんなでこの教えを徹底させて、お互いの安全を守り合うべきなのだ

堅物な印象を受ける結論だろうけど、これが行き着く真実だと私は思う

取り敢えず、私なりに考えた上での、現段階での答えが出た

 

ここ最近のテーマから


 あれから更に調べてわかってきたこともある

書き出したら止まらなくなりそうな世界だった

ある日突然、美しい女性が直視することが出来ない様な姿に変えられてしまう猟奇的な事件
それがある地域で多発していた

ここ最近のこの件絡みの記事は
カテゴリー「差別を破壊しよう」に纏めてあります。
もし気が向いたらこちらもよろしくお願いします。

でもここはアトピーのブログ
本流から外れてしまうので、最近の一連のテーマはここで一旦区切ろうと思う

このテーマは改めて別の場所で展開するかもしれないけれど、ここではひと段落させる

その為に今回はアトピーのことと絡めて纏めてみる

今回、思う事を書いてきて、私の中に大きな変化が生まれた

   私の悩みは小さい

いや、誤解されそうで表現が難しいですが
これはこれで大変ですよ
今は治まってきたからいいものの、酷い時は本当に大変でしたから
例えば、年中夏でも白い綿の手袋が外せなかったんです
それも皮膚のひび割れから滲出液が滲んで手にくっついてしまうから、簡単には外せない
無理に取ったら皮膚ごと剥がれる
いつも全身がヒリヒリ痛くて辛いからそおっと歩く
外に出るのは一苦労

でも、それでも、惨劇の被害に遭った彼女達のことを知った後では、小さな悩みとしか思えない

今の私の場合、「酷い顔」とは言っても、
見た人が逃げ出すレベルではない

気にしない人は普通に話してくれる

炎症が酷く動けないくらい辛い時もある

でも、視力も聴力も失っているわけでなはないし(視力も聴力も弱ってはいるけど)
話すことも出来る、こうして文字も打てる
鼻が失くなってしまった訳でもない

当たり前?

それが当たり前ではない世界もある

そういう毎日を送っている人がいる

確かに比べるのは違う

比べてはいけないとも思う

比べる自分がまた嫌にもなるけど

でも
やっぱり、もっと大変な思いをしている人がいる
と思うと、

「こんな小さな事で悩んでいて申し訳ない!」

という気持ちになる

この気持ちは失礼にはならないだろう

そりゃあ環境の違いも辛さの度合いには大きく関わってくる

この現代のキレイが当たり前みたいな日本で

皮膚疾患の人間は生きづらい

それは身を以て感じた

差別されるってこういうことかと思い知った

屈辱だった

それでもどんなに頑張っても挽回出来ない

悔しかった

体験者でなければ絶対にわからない思い

それでも、いや、だからこそ

もっと辛い人の気持ちも想像出来る


私はハッキリ言ってシワシワ
いつもどこかに白い皮も剥けている
髪のお洒落も出来ない
お化粧全くしてない
服も髪型もアトピーを隠すことが優先

スタイリッシュになれない
ダサいと言われてしまう

最近なんて、70歳代でも綺麗な人はいる
可愛い人もいる
それに引き換え…と思うと辛い

身体の動きも表情も制限されてしまう

シチュエーションに合った表情も上手く作れない

挙動不審な感じにもなってしまう

人からは見下される

でも
もうそれでもいい!

どんと来いや!

と思えるようになった

いや、この意気も一人でいる時だけで
外に出ると、なるべく目立たないようにそそくさしてしまうのは変わらないけど

それでも気持ちは随分変われた

だって何千年も昔から
厳しい階級制度で縛られ
ずっとそういうものだと思い込まされてきて
見下されるのが当たり前という中で生きてきた人達がいるんだもの
そういう民族や種族があるんだもの

自分の意思も表現出来ず、絶えず怯えて
ただひたすら上の階級のために身を粉にして、文句も言わず働き続ける…

日本人だってヨーロッパに行けば結構酷い扱いを受ける
猿扱いするようなヤツもいる
ツアーじゃ守られているからわからないけど、個人で行くとわかる
自分達白人とは違うって姿勢がハッキリとわかる

差別

でも、それがある程度で止まっているならまだいい

今回知った世界では、カースト制が廃止になった今でも、いや、ある部分ではエスカレートしているのだから
人の身勝手さって阻止しなければどこまでも進む
それがいつの間にか狂気に変わっていても気付かない


だって、日本人の感覚ではどう考えたって理解出来ないでしょう?
何処かで「えー本当のことなの?」と事実さえ疑ってしまう

そう思ったら調べてみてほしい

キーワードは「アシッドアタック」「インド 硫酸」で

私も最初の記事に触れた時は、ネット特有の強調記事だと思っていた

知らなければ、その程度で終わってしまう

幾つもの事例を写真で見て、初めて現実感が湧いてきた

え?えっ!?えーーっ!?!だ

記事に触れたとしても、実感として認識するまでには時間差がある
認識度の差もある


例えば日本で

「好きです!付き合ってください」

「ごめんなさい」

これはよくあること

『残念、でも仕方がない』で終わる

でも向こうの国では

断られて腹を立て、夜中に仲間達を引き連れて、家に押し入り暴行し
数人で押さえ付けて、硫酸をかけて
顔を中心に人を溶かしてしまうんだよ!

その後その人はその身体で生き続けなきゃならないんだよ

その人の家族まで巻き添いにすることもある

信じられないでしょう!?

日本でこんな事があったら大ごとだよね

というか、まずあり得ないよね

もしあったとしても、罰も厳しいだろう

これが根深い強い差別から罪の意識も失われて、平然と行われている国が、地域が今もあるんですよ!

しかもその数、3,000件!
報告されていないケースも入れたらもっと多い

なんて地獄

これを思ったら、この平和な日本で
何が辛いかって思えてくる

こんなおそろしい現実を知ってしまったのは辛かったけど、知らないだけで、ずっとそこには存在していたんだから

ニュースでイスラムISの事は知れ渡ったから
多くの人がそれを目にして耳にして
恐ろしいと怯えたけど
まだ知らない事で恐ろしい事は他の国でも沢山ある

日本はなんて天国なんだろう

(日本にだって、知らないだけで恐ろしい世界はあるだろう
 でも、現時点ではこう書かせてもらう)

人々がお互いに気を使い合って
お行儀良く礼儀正しく振舞うのって
なんて素晴らしいんだろう
知的水準がみんな高いから出来る事
それを守るような教育を広く行き届かせてきたから出来た事

教育が無かったら、教育があっても間違っていたら、野蛮な世界にもなる

本当に考えさせられた

だからもう、アトピーである自分を恥じてはいけないと思った
(ここでアトピーに落とし込むのがアトピーブログ)

こんな程度で(酷い時は本当に死ぬ程辛いけど)負けていられないと思った

周りのキレイな人達と比べると辛くなるけど
話していて「あらぁ…」みたいな態度取られるとキツいけど

   私は悪くない!

これからは気持ちの踏んばり方を変えようと思う

踏んばり方にも本腰を入れようと思う

そうだ、今迄はここには気合を入れていなかった

精一杯、我慢してここまでやって来たけど
「自分は悪くない!」と堂々とする気持ちというのは弱かった
何も言われない様に、隠れる様に生きてきた
余り見られないように、目を逸らす癖が付いてしまった

恥だと思ってきたんだ

いつからだろう

昔はこんな事、気にしてなかった

いつから恥だと思うようになってしまったのだろう

差別の恐ろしさをここに感じる

差別を受け続けていると、自分を恥ずべき存在だと思い込むようになってしまう
(私の場合は被害妄想もあるかもだけどね(^^;)
小さな差別が被害妄想を育ててしまうこともある。
被害妄想もそれはそれで膨らむと怖ろしいんだけど、ここでは省略)

長い歴史の中で虐げられてきた人達も、そうやって階級の差をどんどん強固なものにされてきたのだ

負けちゃいけない

騙されちゃダメなんだ

ここは虐げられる側の力が絶対に必要

まず初めは、当事者が立ち上がらないことには、誰も助けられないから

第三者は後から支えることは出来ても、当事者そのものにはなれないから

本人が強く、自分の人権を守りたいと思わないといけない


ここにも精一杯の気合が必要だったのか

見た目重視な人達に引っ張られない
そっちが優勢だと思わない様にする
見た目優先なんて偉くもなんともない!

自分の価値観を強く持つ!

私も気持ちを新たにして頑張らなくちゃいけない


今回のテーマで、感動的な話にも出会えた

被害に遭った女性で
こういう問題を無くすために立ち上がって活動している人がいた
その人は、その活動を通して、理解ある男性と出会った
彼女の顔は元には戻れないけど
その男性は彼女の人間性の素晴らしさに惹かれ、愛する様になった
そして、またここでも差別によって結婚を反対されたけど
負けずに一緒になりお子さんが生まれた
彼女が自分の赤ちゃんを愛おしそうに抱いて頬ずりしている写真があった
優しい笑顔だった
涙が出た
今、これを書いているだけでも込み上げてくる
数は多くはなくても
素晴らしい人はいる

この世の全てが悪いわけじゃない

極悪人もいる
自分の頭で考えられずに慣習に流される者もいる

でも、素晴らしい人もいる
本物を見極められる人は必ずいる

 

被害者の戦う勇気


差別を無くすことについて

前の記事「何故逃げ出さないのか」から続いています。

虐待の問題の基本なんだけど

被害者本人が立ち上がらないと、変わらないって法則がある

周りの人がどんなに助けようとしても
本人の気持ちが何より重要

これが無いと何も動かない

長年の恐怖政治の所為で、骨抜きにされてしまっていたら
立ち上がる気持ちすら持てないよね

そういう気持ちになることすら、怖くて出来なくなってしまう

それ程、強い力で抑圧をされ続けた人は萎縮しきってしまっている


例えば親に虐待され続けた子供がいるとする

第三者がそれを助けようとする

でも、
「僕、何もされていませんから!大丈夫ですから
もうほっといてください」
と門前払いしてしまう

後で親に今迄よりもっと酷い目に遭わされることが怖いからだ

家庭裁判所でも、最後の最後は本人の言葉が決め手となる

このまま放っておいたら悲劇が起こるとわかっていても、

本人の口から「問題はありません」と言われたら、手は出せない


ここが肝心なんだ

完全にやる気を削がれてしまう前に
立ち上がってしまわなければならない

自分の権利は自分で勝ち取らなければならない

その気持ちがあれば、手伝う人の支えも効果が出てくる


   本人の自尊心が何より大事なのだ

その為には、絶対に恐怖心に負けてはいけない

報復を恐れて、相手の思うままになってはいけない

ここだけは踏ん張らないと!

   恐怖を乗り越えるんだ

自分の心に眠る原始的な怒りを奮いおこすんだ


自分の人権を守ろうとする心は、絶対に失ってはいけない

元々、そういう概念を与えられていなかったら
まず、知るところから始めないといけない

インドで、生まれながらにして階級の下に位置付けられてしまった人達に、どうしたらこの事が伝わるだろうか

 

何故逃げ出さないのか


インドの位の低い人達は
何故外国に逃げないのか

前の記事から続いています。
差別社会の闇

お金が無いのもあるけど一番は

宗教で心まで縛られているからだ

カースト制をうまく行かせるために
宗教の力が大きかった

彼らの世界では
現世の階級は、前世の行いで決まっているという

だから、現世で低い位になったものは
苦しみに耐えて、労働に勤しんで
悪かった行いの罪を償うのだと

そうすれば来世では位が一つ上がり
また頑張って頑張って来世では…というように
どんどん上に上がっていけるという考え方なのだ

この基本的な思想はいいよ

「皆さんそれぞれに今、与えられた中で精一杯努力をしましょう」
これは素晴らしい

でもそれと、“階級”を組み合わせたところがよくない!

破壊的に極悪だ!

階級は人が自分達の都合で後から考え出したものだ

上の位の者達は、何とうまく考えたものだろう

これじゃあ下の人達は我慢するしかない

逃げれば来世でもっと苦しくなると信じ込まされているのだから

下の位の人達が逃げ出さずに、仕事を真面目にやるのに、こんないいアイデアも無いだろう

だからだ

普通ならどう考えたっておかしいことが
凶悪な犯罪者が罰せられないとか
下層級の貧しい弱者が被害者なのに罰せられたりとか
あり得ない犯罪が増えてしまうのだ

システムが間違っているからだ

それもこれも、上の人達が安泰な暮らしを守る為に

許せない

何千年と、これを信じ込まされてきたのだ

これを知って憤怒を感じないのか

私は我慢出来ない


事の発端は
本来の自分でやるべき仕事を、誰かに背負わせるため
そんな小さな身勝手から出た事だったのだから
誰かが楽をしたい、いい思いをしたいという身勝手のために、どれだけ多くの犠牲が生まれたか

本来の姿に戻すべきなのだ

痛み分け?いや、元々自分でやるべき事
それを代わってやって貰っていただけ

正常に戻すのだ

自分の事を自分でやるだけのことなんだよ

みんなで一緒にやればいい

小学校の時、教室をみんなで掃除したのと同じ事だよ

誰かが楽をしたいのと、間違った事を続ける事で誰かの悲劇がエスカレートするのとどっちがいい?

自分が楽をする側に回れば、悲劇の側の人達のことはどうでもいい?

もしそれが自分だったら?

顔を溶かされて視力も聴覚も失って
人の形とは思えない姿に変えられてしまった、弱くて低い立場の女性達の姿を見てほしい
あんなに美しい女性達だったのに
彼女達は何も悪い事をしていないのに
それでも階級が決まっているから耐えて生きていかなければならない
加害者は罰せられないこともある
ますます犯罪は増える
そんな社会で毎日「明日は我が身」と、怯えて生きている人達がいる

想像してみてほしい

世の中の仕組みさえ正せば、そんな恐怖に怯えなくて済む
誰もが!


階級制度も酷いが、性差別もそれはそれは激しい

女性は教育を受けられない

何故か?

女がモノを考えるようになったら都合が悪いからだ!

何千年もの長きに渡って、女達に押し付けてきた事を、女達がもし放棄したら
自分達にお鉢が回ってくる
と、怖れているのだ

自分より圧倒的に下の位置にいる者を格上げさせたくないのだ!

都合、都合、都合!

自分達の都合の為に、うまく理由付けて、思考さえも奪ってきたのだ


これはインドではなくパキスタンのことになるが
マララさんを思い出してほしい

「女の子にも教育を」と言って、銃で頭を打たれた女の子だ

「女の人も勉強出来るようにしましょうよ」と言っただけで

   銃で撃たれてしまうんですよ!

どんな社会だよ!と思いませんか?

女に学ばれることが、それほど嫌で嫌で堪らないのだ

自分達が努力しないで、いい思いをする為にだ


女が学んだって男が損をするとは限らない

男も女も個性があるんだ

得意不得意もある

個人差で自分に本当に合った職業を選べばいいだけのことだ

主となる職業は選び、みんなでやらなきゃいけないことはみんなでやる
仕事は自分の職と社会のメンテナンスの二つを持つようにする


女が学ぶことで男の得になることも沢山ある

むしろ、これまでの負担が軽減される

ただ、これまで横暴で横柄で暴力で押し通してきていた男は困るだろうな

女を押さえ付けておきたいのは、そういう連中だ

自分が気に入った女に相手にされずに、それを逆恨みして硫酸を掛けるような男達は
自分に人間的な魅力が無いんだ
努力する気も無い
人間性の優れた男は女に選ばれている
インドの男も色んなタイプがいるのだ


自分より立場の低い相手を
「とにかく虐げる
虐げて自分より下の位置の存在を確保しておく」

そんなやり方は絶対に破綻する

誰かが社会を変えようとして失敗したとしても
何度でも、別の誰かがやるだろう

間違ったことは必ず壊れるからだ

必ずいつかは正しい形になる

だったら早いうちに改めることだ

これ以上、大罪を重ねてはいけない


差別社会の闇


差別社会の闇に行き着いた

前の記事
衝撃
法律
から続きます。

これは表面的なことの、更にその一部でしかなく、問題は想像を超える程、複雑だった

調べていくと差別社会に原因があると行き着いた

カースト制

1950年に廃止されている
形上では

でも実際には無くなってはいない

そう簡単に無くなるはずもない

紀元前13世紀という大変に古くから続いてきたものなのだ

カーストによる差別からの自殺も多い

そりゃそうだろう
どんなに優秀で努力家で能力が高くても、差別から抜け出す事は出来ないのだから

酷い犯罪が厳しく裁かれない背景に
差別があった

低い位にいる者は
高い位の者から
何をされても仕方がない

低い位の女性が集団による性暴力に遭っても
被害者の方が罰せられるという理解不能なこともある
加害者側がお咎めなしということもある
これでは、
相手が言うことを聞かなきゃ強酸の液体で顔を溶かす
被害程度によっては視覚聴覚も奪う
だなんて、とんでもない事も流行ってしまう訳だ
罰も厳しくない
これでは位が高い者はやりたい放題だ

比較的平和で平等な日本からすると、狂っているように見える

位が絶対な社会

そういう基本姿勢が国全体にある

仕事も位によって決められている

汚い、危険な仕事は、低い位の者にやらせ続けてきた

わかりやすく言うと
「トイレ掃除は、いつも誰がやっているの?」
ってことだ

インドでは自分の右手、左手にすら差別を作っている
左手を「不浄の手」とする考えがある
差別が根っから染み付いているのだ

私は、インドという国をほとんど何も知らなかった
日本に対して友好的
数学に強い、学力の高い国ぐらいの印象しかなかった
今回、知らないということがどういう事かを知った


私がここで感じ取ったのは仕事の分業化の行き過ぎのことだ

仕事が細かく分けられていて、他の位の仕事には手を出さないということが徹底しているらしい

それが更なる差別を生む

差別を増長させる

今の状態は、そうしてどんどんエスカレートさせてしまった結果なのだろう

一度、高い位の暮らしに慣れてしまった者が
低い位にやらせていた仕事を、出来るはずがない
生まれながらに刷り込まれてきた意識は急に変えられない

「この地位にいる自分が、そんな仕事出来る訳がない!」
というプライドが強くなってしまうのだ

下の位の仕事に出を出せる筈がない

自分達がやりたくない仕事を“誰か”にやらせ続けるために、位の厳しい制度を取っ払う訳にはいかないという都合があるのだ

一度、高い地位について、いい思いをしてしまったものは、それを守るためなら何だってやる
ということだ
「既得権益を守る」というやつだ

私は日頃から思っている事がある

全ての人が「自分の事は自分でやる」を徹底したら、どれだけ平和になるだろうかと

仕事を分けてしまう事で差別は強固になる

「君、ここ、片付けてないよ」

「だってそれは誰々さんの仕事でしょ」
「今までずっと、誰々さんかやってきたじゃない」

というやつだ

いつの間にか、「誰かの仕事」にさせられている

大抵それは、親切な人、断れない人、立場の弱い人に押し付けられていく

それが国単位で大きくシステム化されてしまった結果が、今のインドなのだ

全ての人が自分の身の回りのことだけでも自分でやれば
誰か一定の人にだけ雑務が集中することが無くなり、
それと絡んだ差別もどれほど減るだろう

地位や年齢や性別に関係無く、自分の事は自分でやるのだ

もしくは、キッチリ平等に当番制

社会の中の問題はここと深く関わっていると感じている

人間関係の問題も、かなり軽減するだろう

例えば、家庭の中でも言える

仕事の役割をキッチリ分けてしまう事で、位の差は生まれていないか?

みんなが同じ仕事を一緒にやれば、差は少なくなる

全ての人が独立採算制で、雑用もやる

効率は確かに悪い
でもこれが精神的には理想の形なのではないだろうか?

差別を減らし、より対等な関係を目指す

誰かが誰かを踏みつけにすることはない

誰かが誰かに踏みつけにされ続けることもない

ただし、家庭の事情により、柔軟性はあって当然
お年寄り、子供、病人…
本人達が自分の得意な事でギブアンドテイクのバランスを合わせられて、心底納得していれば自由
こう言う事なら?

根深いカーストを壊滅させる為には
全ての人が、自分の持ち分は自分でやる
自分の汚物は自分で処理する
難しい事はキッチリ平等に当番制
これを基本から徹底させることが効くと思う
誰かだけが狡をして、雑務から免れようとするのを絶対禁止すればいい

 

法律


法律というものが、どれだけ大事なものか痛感させられる

昨日の記事「衝撃

加害者側へのお咎めが軽過ぎるのだ

何故だ?
どうなっているのか

誰かが自分の思い通りにならないから不満だという身勝手な理由で
殺人より恐ろしい手段で、相手の人生全てを滅茶苦茶に壊しておいて
数年懲役を受けるだけで終わりだなんて

犯罪を抑止するつもりは無いのか

絶対にやってはならないことなのだから、
加害者も自分がやられる側になるのは嫌だろうから、それにキッチリ見合う刑罰が必要だ

  やったら、やられるんだよ、同程度の事を

これが大原則だ

ここでふと思う
法律が出来る前は、こういう事はどうなっていたのか

悪いヤツのやりたい放題だったのか

よく滅ばなかったものだ

小さな町などはそれで滅んでいたかも知れない
移動が難しかったから、広がらなかったと言うだけで

それと、やはり昔は『やったら、やられる』が徹底していたからなのかも知れない

結局はそれが理に適っているのかも

個人の報復を禁ずるなら、禁じる組織がキッチリ肩代わりしてくれないと割に合わない

犯罪の広がりも止められない

今はどうだ?

凶悪犯罪が止まらないということは、そこの法律が間違っているということを示している


破壊力の大きい危険物があった場合
それを取り扱う人間は、余程の信頼性の高い人物でないと、一般人は安心出来ない

日本は薬物の取り扱いが厳しいけれど
それでだって被害者は生まれてしまう

   薬害だ

被害者は一生苦しむ

まあそれは、故意にではなく、医療のマニュアルにそう載っているから処方しただけの事で
あの悪行と一緒には出来ないが
それでも被害者が一生苦しむことは同じだ

危険な物質を、長期間使えば危険になるかも知れない物質を人に充てがう時は、相当な注意と覚悟が必要なのだ
そこまで考えて処方している者は、果たしてどれだけいるだろう?


自分や大事な人間の身の安全を確実に守る為には、何があればいいのか

考えさせられる事は続く

衝撃


恐ろしい世界があることを知ってしまった

大きな衝撃を受けた

世界は余りにも広かった

文化の違いとはなんと大きいのだろう

世界には恐ろしい現実が今も存在している

私の苦しみを共感してくれる勇気のある方は検索してみてほしい
だがしかし、心臓の悪い方や精神的にデリケートな方にはお勧めしない

キーワードは「アシッドアタック」だ

こういう言葉があることも初めて知った

こういう社会現象が実際にあると知り
しかも、決して少なくないことを知り
深く考えさせられた

日本という国の平和さを心底ありがたいと感じた

悩みの度合いが違い過ぎる

これを知った人は、自分が日々悩んでいることが小さく感じられるのではないだろうか

だが、肉体の、特に顔の損傷ということで
アトピーで苦しんできた人間には、他の人達よりもその苦しみの理解度は高いだろう

その体感的な変化と世間の目の変化に、どれだけ苦しんだかということも想像出来ててしまう

肉体の損傷により、日常の当たり前のことも出来なくなってしまう、その余りな不自由さも解るだろう

それは健康な人には実感としては理解出来ないことだろう


努力の積み重ねの大変さと
それを奪う一瞬の力との
バランスの悪さがあまりにも酷い

努力の積み重ねは本当に大変だ

何か必要な条件が一つでも欠けていたら、積み上がらない

それなのにそれを破壊するのはほんの一瞬だ

しかも加害者側の非常に安易な気持ちからでも、その悲劇は起こってしまう

理由のあまりに身勝手なこと
驚いてしまう

こんな不条理が許されていいのだろうか

いや、断じて許されない

加害者は被害者が受けたのと同じ苦しみを味わわなくてはならない

でなければ、その事の重さを理解出来ない

重い罰が、事件の拡散を食い止める

何かを守ったり育てたり、良くすることは大変なのに
悪くなったり壊れたりするのは簡単という

病気の根本治療も同じだ
特にこのブログのテーマであるアトピーの治療はその苦労が顕著だ

エントロピーが増大する世界だから
崩壊への方が簡単に進みやすいのだろう

そういう物理法則の場に、私達は存在しているのだ

だから本来、こういう場に生きるもの同士として、お互いを大事に守り合いながら暮らさなければならないのだ

そういう努力があってやっと安心して生きていけるようになるんじゃないか

それなのに…


ただ、この事を知ったことをキッカケに、この先の生き方を改めて考えることが出来た

どういう心構えで生きていけばいいのかということも

これを読んだあなたは、何を思ったでしょうか?

容姿というもの


 同じ重さのアトピーでも
その苦しみの度合いは大きく異なる

その人の価値観が大きく影響してくる

例えば、全く同じレベルの症状の人が二人いるとする

でも、その二人の苦しみ方、悩み方は全く違ってくる

あなたはどっち側の人だろう?

私は苦しみの度合いが強く出てしまう側の人間だ

それは何故か

元々が容姿重視型だったからだ

容姿というものに重きを置いている人間は
そうでない人よりも
より深く強く苦しむことになる

私は自分を容姿に囚われない人間だと思ってきた
闘病生活が長引いて殊更そうなった

実際に、私は人を容姿で判断したりしていない

そういうことをあからさまにする人間を軽蔑しているし、
なるべく人の内面を見るようにしている

でも、事はそんなに簡単ではなかったのだ

持って生まれた感覚は中々変わらない

私は自分の価値の置き所として、容姿に頼っていた

いや!誤解されては困るのだが、
元々容姿が優れていたというわけではない

容姿にはコンプレックスが強くて、
「ここが嫌だな」
「もっとこうでありたい」
「こういうタイプの顔でありたかった」
など、見た目のことに相当にこだわる性格だった

が、世間一般から劣っているという感覚は持っていなかった

周りがお世辞を言ってくれていたから、それを信じていたんだろう

だから

この世は見た目でランクが決まってしまう

そう、根底で信じ込んでしまっているのを感じる

理屈ではとんでもない

そんな事は考えていない

見た目で人の評価をするなんて大嫌いだ

人種差別も憎んでいる

人の価値は魂の磨き方で決まると思っている

でも…本音の本音を探ると、刷り込みが抜けていない部分もある

心の奥のほうでは、容姿が大きな要素だという感覚が染み付いている気がする

それが私を苦しめる

この病気では見た目が大きく下がる

普通の人のレベルに達することが出来ない
一般人に溶け込めるのが目標だ

自分がこうなって初めて思い知る

差別される側の気持ちを

ランク分け、嫌だ
こういう考え方、良くない

世の中には大きな事故や病気で
人前に出られないでいる容姿の人もいる
多くの人が知らない世界がある
そういう人達も含めて、容姿で判断しない世界を望む

ファッションは別
行動で変えられるものだから判断基準にしていい
特に目立つ奇抜なファッションは自己主張だから、
「そういう価値観の人なんだな」と思うのは当然だと思う
でも、自分では変えられない肉体的なものは判断基準にしては駄目だ

だから、
この奥深くに染み付いた呪縛から逃れたい

人の価値は見た目じゃない
心底それを信じ抜けるようになりたい

でも、物心付いてからずっと容姿を軸として生きてきたものが
それを変えることが出来るだろうか

どこかで変えたくない気持ちもある

それは、綺麗になれるものなら綺麗になりたい
という気持ちがまだあるからだ

「綺麗にならなくて結構」と迄は達観出来ない


でも、これを書いているうちに、心が落ち着いてきた

まずは自分からなんだ

自分が人をどう見るかが大事だ

人をどう見ているかが自分自身の姿なんだ

見られる肉体だけが自分なのではなく
見ている自分と、見て何を思うかが自分だ

見る相手になるのは他者だけじゃない
自分は自分のことも見る
自分が自分をどう見るかだ

ああ、肌がボロボロだなあ、病気だなあ
可哀想になあ
頑張っているなあ
でも、好きだなあ
私だなあ

こういう優しい気持ち

これが大事だね

 

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム