Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近くにいる


昨日の記事「今の所は構想だけ…」の昨日の日付部分の最後に書いたおまけについて話します。

この小さな試みから進めていくと

近くの仲間とこそ、コンタクトを取れるようになる!

ということなんです。

これ、現段階ではとても難しいです。

私の経験上、アトピーの仲間とは
最初に顔の見えないネットの関係から入るのがほとんどでした。
なので、住んでいる場所もとても遠かったりします。

子供の頃からの知り合いは有りなんですけど、
大人になってから、リアルで出会って仲間になることはまずありません。

そう、お察しの通りです。

アトピーという理由で声を掛けたら大変失礼になるからです!

自分もそれが理由で声を掛けられたら
「ああ、やっぱり私はそんなに見た目に症状が酷いのか」
と、ガッカリしてしまうでしょう。

いかに普通の人達に溶け込めているかに気を砕いているので、外に出ているときは自分としては症状がマシな時です。

それなのにそれで声を掛けられるという事は…

「今あなたは世間から見て、声を掛けられるほど目立っているよ」

と言われているように感じてしまいますから。

お互いにアトピーの人同士は関わりを避けています。
その話題には触れません。
大人としての暗黙のルールです。

でも、この小さな企画を進めると…

ご近所さん同士の交流が進むかも知れないのです!

「活動を広げる為だから」というお題目が出来るからです。

仲間が居ないよりは居た方が絶対によくて、
それはどんなに離れた所にいる人でも嬉しくて、
でももっと言えば、近くに居るっていうが一番心強いですよね

でも、どうやって会の存在を知らせるの?

それにたまたまその近くにいる人が
気の合わない人だったらどうする?
本来近付く必要のなかった相手と余計な交流を持った為にマイナスになるかもしれない

まあ…そうだね

難しいね

でも私、思うんだよね

何も行動しなきゃ、面白い事なんて何も起こらないんだよね

それで生きてる実感や喜びは得られるのか?って

それに何もしなくてもトラブルって舞い込んでくるんだよね

普段から何もしないを選択していて、その並み居るトラブルを打破する力は備わっているのかな

どんな事にもリスクは付き物で、その中でどれが自分にとって一番マシなのか

もちろん選ぶのは本人だから
よく考えて納得出来る道を行きたいね

私は、よく顔を合わせる中でこそ仲間を持ちたいって思った

そうする事で、世の中に自分達の市民権(!)を勝ち取っていけるかも知れないって!
少数派の弱者として生きる現状をひっくり返せるかも
大人しく引っ込んでるだけの現状から打開出来るかも

以上、これがおまけでした。

では次はこれを実践する方法について、別記事にします。

 
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。