Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ダークマン」


「ダークマン」という映画を知ってる方はいらっしゃいますか?

サム・ライミ監督
リーアム・ニーソン主演

闇の戦士、ダークマン

全身を焼かれ皮膚がドロドロにただれ
人工皮膚を使うと99分間だけ超人怪力になれる闇のスーパーヒーロー

私はこの映画を脱薬真っ只中の時に見たのですが、この主人公の男に共感しまくりで
… 泣きました。

(元々泣く映画じゃないのと、
普通はそこでは泣かないんでしょうけどね;)

でも、皮膚が焼け爛れているのに
あんなに力が出るのはおかしいんですけどね

人間は健康な皮膚に守られていないと
普通に立っていることも出来ないでしょう
それだけ皮膚の力は偉大です。

今、改めて調べてきたら
火傷による苦痛を取り除くために、痛覚を遮断する手術を受け、それで超人的な力が出せると書いてありました。
そこはSFですね。

体験からわかるのは人は骨と筋肉だけで力が出ているのではなく、皮膚がしっかりしているから力が出せるので。

でも、あの映画は、あの頃の闇に潜んで生活する私にとっては救いになりました。


昨日に引き続きなのですが
またある友人(昨日の方とは別の人)と話していて
ここにも書いておきたいと思いました。
会話から閃くことっていいですね。

私達は単発の期間限定的な生き方を強いられているという話になりました。

いい時は
「あ、今なら何でも出来ちゃいそう!」
って思うのに
悪化すると
「もう駄目、何も出来ない…」
になる
この単発のいい状態の時間を最大限に活かして何かを成し遂げる
これは闇の戦士・ダークマンの様だなと

単発をうまく繋いでいけば目的を達成出来るのかな

というより、それしか無いみたい

後は、低空飛行の状態でも出来る事で成果を出すしか…

それでも99分間よりは時間があるのだから

あ、でも、そのぐらい連続で活動すると疲れてしまうか
アトピー重度経験者は疲れやすいから;
工夫あるのみですね

 
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。