Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見た目


6年前に投稿した記事を読み直して
今思うことを書いています。

この記事は短いけど気に入っていて
今までも、コメント付け足して上げようかと何度も思ったのです。

でもそのままにすることを選んでいました。

今日は手を付けることにしました。

それと言うのも、私の今一番のテーマと感じたからです。


私今、一番近所のスーパーを避けています。

知り合いに顔を見られたくないからです。

でも、そう言う自分を不甲斐なく思ってもいます。

何故なら
自分のアトピーの肌を見られたくないと思うことは

同じアトピーの人に対してもそう思う と言うことに繋がってしまうからです。

もちろんそんなこと思っていないのですが、
深く突き詰めればそういうことになってしまうと思います。

せめて自分ぐらいは
アトピーであることを卑下しないで
堂々と振舞わなければならないのではないか

そうも思うのです。

それでこそ、同じアトピーの人達を僅かでも救うことになるのではないか

非力な自分に精一杯出来ることではないか


ただ…
湿疹や皮むけなどで荒れてるぐらいなら見せてもいいんだけど

シワやたるみや皮丘の大きさや凸凹具合が
自分でも見るのを避けているほどなので
どうしても踏み切れない…

「年、いくつなの?」と訊かれてしまったこと、何度もあるし
(これに怯むのも、今度は年齢で上下を付けるのかってことになってしまいますよね
年を重ねることを肯定したいと書いているくせに何だ、と我ながら思います)

話していて途中で気付かれ、驚かれたことがあるから
どうしてもその時の相手の表情や自分の恐怖感が蘇ってきてしまって

こんなことでは駄目だよなあ、弱いなあ
と思う

でも、緊張でピーンと張り詰めてしまって
耳や耳の奥が痛くなってしまう
顔がカーッと熱くなってくるし
炎症部分はゾクゾク痒くなってきます

そして、やっぱり遠くのお店に行ってしまう

本当は知人と挨拶してそのあと仲良く立ち話したりしたい

でも、でも、でも…

もう少し
せめてあともう少し良くなるまでは
コソコソと隠れていたい

弱いよな

だから、堂々としている人には頭が下がる

どうしたらそうなれる?

そうなれたら格好いいんだけどな


そんな時のこの昔の記事です。

「綺麗じゃなくても素晴らしさを感じる人はいます」

これ
思い起こしてみます。

アトピーで症状がキツくても堂々としている人に会ったことが何度もあります。

格好良かったです。

「あ、アトピーなんだ
重そうだな
でも、気にしていないみたいで格好いいな」

そう思いました。

自分もああ言う風になればいいんだよね

そんなに酷くなくても暗い顔をしておっかなびっくりな人もいます。

以前オフ会で、どこがアトピーかわからないくらいなのに沈んだ感じの人がいました。

本人の捉え方でこうも変わってしまうんですね。

私は、同じ苦しみを持っている人の気持ちを少しでも和らげたいと思って生きています。

それなのにこんなことでいいんでしょうか

示しがつきませんよね

勝手に何か自分が人を助ける側のように思っちゃってて、勘違いというかいい迷惑かもしれませんが
それが私自身を支えてくれるのでご勘弁を

アトピー酷くても堂々としている人が増えることで
アトピーに対する世間のマイナスイメージを変えていけるかもしれない

堂々としなくちゃ

まあ、あんまり無理はしなくていいけど
もう少し強くなりたい

見た目だけで「気持ち悪い」と見下してくるような人なんかに負けてはいけない
そう思う
すごく思うんだけど
自分に力があと一歩足りない
あともう少しな気がする、何が足りない?

……

あれから書いたものを何度も読み返しながら考えました

そして思い付いたことがあります

「勝ち負け」でものを考えているのではないか?

そういうの、嫌いだと思ってましたけど、
認めるのには抵抗がありますけど、そうなのかも知れません。
だから駄目なのかも

例えば
肌が綺麗な人
こっちを一瞥して、無視
もしくは嫌な表情

向こうが勝ち
こっちは負け

頭の中で一瞬にしてそう考えているのかも

私はそういう軽い所がある人間なのかも…

(確かに若い頃から、見栄っ張りで、ええかっこしいな所があったもんなあ
自分がこだわる部分限定だけど)

元々そういうことに重点をおいた人間だったということですよね
浅はかで恥ずかしいことです
だからそれが巡り巡って、今自分に返って来ている

これを根本から改めないと、私の心は解放されないし
真に自由に生きられないということなのかもしれません

「綺麗でも不快を感じる人もいます。
こうして文章で改めて書くと心が落ち着きます。
魅力のある人間でありたいと思います」

私は6年前にこう書いているのです。

「魅力のある人間」
うわべだけのことではなく
本当に魅力のある人間になりたいです。


2016.12/15

***・・・***・・・***・・・***・・

2010.12/8

見た目を気にしないと言ったら嘘になるけど、見た目最優先なのは浅いと思うのです。
綺麗にはなりたいけど
綺麗なだけでは駄目だと思います。
綺麗じゃなくても素晴らしさを感じる人はいます。
綺麗でも不快を感じる人もいます。
こうして文章で改めて書くと心が落ち着きます。
魅力のある人間でありたいと思います。

 
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。