Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打撃


この記事を書いた時から、随分変わったから

★で訂正コメントを付けてみた

2017.2/1

***・・・***・・・***・・・***・・

2015.1/3

 今まで私の夫は、私の見た目についてハッキリした事を言うのを避けていました。
優しさからくる配慮だったのでしょう。

でも、ここ最近になって言うようになりました。
いよいよ必要に迫られたからという理由もあったと思います。

★この時は「普通ではないよ」と言われたのだ


でもそれは、
「ようやく少し言えるような段階になったから」
「良くなってきたからこそ言える」
のだとしたらいいなと、まだ勝手に思い込もうともしています。

ここでも必死に自分が苦しまない解釈をしようとしてるんです。
私はそういう悪足掻きする人間なんです。

それだけ辛い事なんです。

その内容です。

言葉は同じではありませんが、意味は以下の様なことになります。

私は見た目、普通の人と同じではない
見た瞬間、「あれ?」っと違和感を持たれる風貌

なのだと。

でも私は、そんなに酷いレベルだとは思ってきていませんでした。

もちろんひどかった時は恐ろしい姿だったけど、最近はもう人に説明する必要もなくなったとホッとしていました。

それどころか、自分としてはもうすごく良くなったと思っていたんです!
(目が悪いせいもあります、しっかり見ないようにしているせいもあります)

でも今回
「相変わらず他の人達とハッキリ違う
そんな人間が普通の人と同じ様な気持ちで人に近付いたらマズイ」
ということを教えられました。

キッカケはこうでした。

私は昔から、すぐ自分から人に近付いて友達になるタイプの人間でした。

それを今も続けているけれども、なんか様子が変だと感じる

こんな話を私がしたのです。

それを聞いた夫が言ったのが

「そりゃあやり方が間違っている」でした。

それは、ある程度普通の容姿が伴って初めて成立することという意味です。

普通の容姿のレベルにいっていない人がそれをやったら、気味悪がられ不快に思われて当たり前だ…という意味です。

でも、私には自分の姿が見えていなかった…
それどころか、必死で見ないようにしてきていた
見ないようにしなければ、とても生きてこれなかったし

ここ最近は自分では随分良くなったと感じていたし…

見た目が変わっても私の素のキャラクターは変われませんでした。
前と同じ事を続けていたのです。

おちゃらけて親しげに面白おかしく人に近付くキャラクター、
まあ、もちろん前よりは大分パワーダウンさせてましたけど、仲良くなれたと思った人にはやってました。

だから対人関係でおかしな事が沢山あったのかも…です。

なんか昔の様には話が弾まない

相手のノリが悪い

人が私と目を合わせることを避けている

私が居ないかの様に振る舞う

ずっと変だと思ってきました

でも、それはそういう理由だった

そういうことなのです。

私のような容姿の人間は目立たない様に後ろに下がっているべきだった
ということなんです。

★「自分の事を正確に理解しないとね」と言われたんだった
キツかった…


私は元々かなり気が強かったんだな…と痛感します。

「お前は下がってろ」なんて、正直言って我慢ならないんですねー。

でも世間から見ればそう思われる人間なんです。
これはもうどうしようもないんです。

★いや!そこで怯むなよ
人がどう思おうと、自分を曲げる必要はない
悪い事はしていないのだから!
それに、見た目だけの理由でもないかもよ
昔より今の人は、馴れ馴れしいのを嫌う傾向があるから
自分の姿ばかりを責めるなよ
卑下するなよ


生きる希望を失いそうな程、キツイ打撃を受けています。

さて…ここからどう這い上がっていったらいいものか…

暫くまた、暗く沈んで考え込んでしまいそうです。
人前にも出たくなくなるなぁ…

かと言って引き篭もれる自由も与えられていない


現実から目を逸らしてはいけない

でも、辛過ぎる現実なら?
目を逸らさなければ生きられそうにないなら?

少し快復してきて、目を逸らさなくても生きられるようになってきたら、少しづつ受け止めていかなければならないということなんでしょうかね…

★色んな価値観があるよ
美容やファッションにうるさい人なら、人の見た目にもうるさいだろう
でもね
それが本当に正しい事なの?
人の見た目にケチ付けるような考え方で生きている人が
人間として立派なの?
よく考えてみて
その人のそういう価値観だって、何かの事情によって出来上がったものなんだよ

確かに目の前の人間に、見た目のことで嫌な顔されたら悔しいよ

気持ちも落ち込んでしまう

でも、私は何も間違ったことなんてしてないよ

そこを忘れちゃいけないよ

気持ち悪そうな態度を取られたら、
その人には近付かなければいいだけだよ

これはアトピーに関係無く、人間関係の基本だよ

逆に、こうなる前の私のほうが間違っていて、押しが強くて図々し過ぎたのかもしれないよ

 
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。