Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪化か良化か

今回の記事は説明的ではありますが、私の経験による分析であり、これが世の一般的な正解だと言い切るつもりはありません。
あくまでも個人の考えだと思ってお読みください。
このブログ自体が全てそうですが、敢えて前置きで書かせて頂きます。


「悪化か良化かどっちなのだろう」

今回難しかったのはこれでした。

まとまって症状が出る時期というのがあります。
これを“波”と読んでいます。
波には大波と小波があります。
症状の重さや症状が出ている期間の長さで分けています。

今回のは症状自体は重くないものの
期間が長かったので“中の上波”くらいだったと思います。

で、今回のテーマなのですが

悪化か良化か

悪化は何か外からの要因でアレルギー反応が起きた場合です。

良化というのは、聞き慣れない言葉だと思いますが、過去の体内に蓄積された老廃物がおりを見計らって表面に吹き出してくることを悪化と区別して表現しています。

悪化の場合は食事制限などで収まる場合がありますが、
良化の場合はその回の割り当ての排出分(ちょっと面白い言い方ですけどね)が終了するまで収まりません。

困るのは悪化と良化が同時に起こっている場合です。
難しいです。
更に、波と呼べないレベルでも症状自体が常に完全には消えていない場合もあります。
これだと症状が出ているのか消えているのかも判断しにくいです。

とにかく見極めが難しいのです。


私はかつて、脱薬をした後は、
ほとんどの波を良化だと思っていました。
除去食などには熱心ではありませんでした。

年月が経ち、情報を仕入れていくうちに除去食が不可欠なのではないかと考え始め、取り入れてみました。

すると

とてもいい状態を得ることが出来たのです。
それを2回程経験してしまったので、私がこれまで良化だと思い込んできた波は実は悪化だったのだと最近では思ってしまっていました。

そしてしばらく調子のいい時期を過ごし、食べ物もかなり自由になっていました。

そこで今回の波でした。

食事が自由になり過ぎたことでアレルギーの遅延反応が出たとばかり思い込みました。

ところがです。
今回はかなり食事制限を徹底したのに一向に良くならないのです。

しかも時期が悪かったのでしょう、
夏バテと重なり体力が落ち、物凄い疲労感で動き回ることが出来なくなってしまいました。
立ちくらみもすごいです。
ほんの少しの外出も出来ない程でした。

余りにヘロヘロでもう限界を感じ、
除去食をやめました。
すると!

なんということでしょう!
(ビフォーアフター)

却ってアトピー様症状も回復したではありませんか。

なんて皮肉なことでしょうね。

どうりで変だと思っていたということもありました。

肌全体がどんどん柔らか過ぎるくらいやわやわになって肌が薄くなっていく様な感じがあったのです。
再生する力が弱まってしまったのでしょうね。

そして今回のはアレルギー反応だったわけではなく、自由な食事で栄養が満ちてきて体調が回復してきたことによる排出だった
つまり、良化だったということになります。

だから、体力を付けてやると肌の再生が進み良くなったのです。

とはいえこれは良化なので、今回の割り当ての排出分が終わっていないところはクッキリと症状が残っています。
手の指なんですけどね。

ここはまだしばらく続くのでしょう。


これは大筋なので、細かく気が付いたことや但し書きなどもあるのですが、それはまた別の機会に…

 
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。