Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚痴についての考察

 前回の記事繋がりで愚痴体質をやめることについて書きます。

ただ単に愚痴を言う事だけをやめるのではなくて、愚痴を感じやすい心も根本から見直したいのです。

愚痴というのは、
何か自分にとって思わしくない事がある時にその問題と直接対決することは出来なくて、関係のない人に不満をこぼす事で心の安定を図るという行為です。

本来なら、直接その問題にぶつかっていければ愚痴という代替手段に訴える必要はない訳なんです。

でもそれをすると表向き都合が悪いから不満を別の所へぶつけているんです。
つまり、キツイ表現をすれば“逃げ”ということになります。

いつもそういう逃避型の方法をとっていると、それが癖になってしまい抜けなくなります。
それが今までの私です。

実際、直接問題の大元にぶつかっていくのは辛いことが多いです。
ちょっと無理そうに感じることばかりです。
でも、それでも、大変そうだとしても…です。

愚痴の形に持っていくのはやめていきたい

そう思っているんです。
ストレートに真っ直ぐ戦う生き方に変えたい。

何故かと言うと、
愚痴は他力本願だからなんです。
自分で解決することを最初から諦めて、「出来ることなら、誰かになんとかしてほしい…」という依存心の表れから来るからです。
他力本願はどんどんエスカレートします。
つまり愚痴を言うのを癖にしてしまうとどんどん不満を増やすことになり、自分の人生を不満だらけにしてしまうことに繋がり、延いては自分を不幸にしてしまうからなんです。

長年染み付いた心の癖を抜くのはとても難しいことです。
それでも気付く度にコツコツやっていきたいと思っています。

 
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。