Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌な口癖

嫌な口癖を頻繁に使ってくる人というのは結構存在する。

例えば「“病は気から”だからしっかりしなさいよ!」とか
「甘いんじゃないの?」的なこととか色々…。

何度も説明して「やめてくれ」と言ってみても無理だった。

さて、こんな時、どうする?

私は長いこと鬱々と悩んで恨めしく思ってきた。

そして今思う。

大事なのはその不快な言葉に
自分が取り込まれてしまわないこと…と。

欲を言えば相手にその言葉を言わない様になってもらいたい。
そして、そんな言葉が出てこない心境の人になって欲しい。
それは本音だろう。

でも、
相手がその口癖をやめることはないだろう。
相手にはその言葉を使うだけの事情があるのだ。
相手には相手なりの理由があるのだ。
それが変わらない限りはやめない。
そしてそれを他者が変えることはまず無理と言える程、難しいだろう。

そして、こっちには言われたくないこっちの事情と理由がある。

でも、相手の口を封じることは不可能。

さてどうするか…?

だったら自分の耳を塞いで防御だ。
肉体的な耳ではなく、心の耳を閉ざすのだ。

受け入れない

受け止めないことを決定する

もう今までみたいに、
「でもまてよ、相手の言い分にも一理あるな」とか、
「確かにその通りだよ」とか、
「もっと歯を食いしばって頑張るべきだったのか?」なんて
自分を責め続けたりしなくていい。
「やっぱり自分は駄目な人間なのか…」
なんて思わなくていい。

どこまでもキリが無いんだ

これからは

「この人はこれを言わないとバランスが保てないのだ。
それがこの人の生き方なんだろう。
言っている内容は私に向けているかも知れないが、実は私とは一切関係ない」

そう思うことにする。

難しいし、とっさの時には忘れそうだけど、それでもそう思うことに決めた。

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。