Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪の時のアトピー

書いておいて良かったと思いました。

過去記事「風邪を引いていました。」のことです。

“風邪の時のアトピー”の観察を記録しておいてデータが増えました。


「熱が出ている時は肌の乾燥は強めですが、痒みはほとんど消えていました。」

これ、今回も同じでした。


「熱もあり頭痛と時折めまいの様に身体のふらつきがあるので」

これも同じです。
更に今回は左目の眼球が痛かったです。
気分が下がっている時だったので恐怖感を覚えました。


「2回もお風呂に入れなかったのですが、」

こんな事迄細かく書いていたんですね…;
でも、書いていなかったらきっと忘れていましたね。


「皮膚という点だけではとても調子が良かったです。」

今回は白い乾燥した薄皮が多くて気になりました。
前回との違いを考えてみたのですが、風邪を引く前にアトピーの湿疹症状が結構出ていたからだと思います。
湿疹の炎症自体は風邪の発熱時に起こる何かで治まり、いい意味で炎症部分が「枯れた」状態になり、角質層に押し出された結果だと思います。


「で、熱が引いてくると今度はいつもより強いアトピーの症状が出始めました。」

今、ここです。
アトピーの症状が強く出てきました。
部位はまぶたと鼻周辺です。
耳の後ろと首と手の指も気になります。(追記しました)
食欲が無かったのでアトピーのアレルギー的には食は良かったのに…です。
これらの事も今回付け足しておきます。
風邪の熱は下がったようです。
熱が下がるのと同時にアトピーの症状が出てきます。
まるで入れ違いのようです。
酷かった頭痛も治まってきました。
体のだるさや立ちくらみ、動くと息切れするなどはまだあります。
全身の力も入りません。
朝方、血の混じった痰が出ました。
今までに無いことで一瞬怖かったのですが、調べてみたら問題なさそうなのでこのまま様子を見ます。


「これは過去の風邪の時もそうだったのですが、記録を取っていなかったので忘れていました。」

ほんとそうです。
こんな感じで今後もデータを集めていきたいと思います。

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。