Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭が働いてない…

外に出て人と話すことが多くなって感じること…

やっぱりそうだったか

と、想像はしていたものの
情けなくなる。

頭の働きが鈍い…

昔はこれ程ではなかった。
機転が利かない。
臨機応変な素早い的確な反応が出来ない。
何気ない受け答え、表情、仕草、間の取り方…
踏み込み過ぎない当たり障りのない世間話、相槌。
そういうバランス感覚が悪く、世間から取り残されているような気がしてしまう。

「ずっと病気で人とほとんど接してこなかったから感覚がズレていて…」
って一々言い訳して回らければ居ても立ってもいられない様な、何か落ち着かない気持ちになってしまう。
でも説明してもそんなこと人には解ってもらえない。
それに通りすがりにくどくどそんな説明するのは更にズレていてあやしまれそうな気がする。

でも、本当にそれは大きな理由だ。
それなのに解ってもらえないなんて…と、ヤキモキしてしまう。

結局は言い訳めいた余計な口数が増えてしまう。
態度も落ち着かなくてバカっぽい。
そして、

鈍い人
ずれてる人

って思われちゃうのかな。

…嫌だな。

でもこれ、他人からすれば単なるプライドなだけだよな。

そうだ。その通りだ。

「頭悪い人」

って思われるのが悔しくてたまらないのだ、私は。

実際、頭のいい人間ではないのに、更に劣って見られるのが我慢ならないというか…

ナニこのヒト、変な人~ぷっ

って心の中で嗤われているような気がして、なんかこう…息苦しいような緊張感が出てくるのだ。
胸が苦しくなるし頭が圧迫されてくる。

でも、だからといってなんの言い訳も説明もせずにいて、

「感じ悪い人」

って思われるのはもっと嫌なのだ。

なんなんだろうな、この被害妄想。
そしてええかっこしい。

でも、被害妄想ではなくて本当にそういう要素も実際ある気がする。
幸か不幸か、こういうことにかけての勘は良過ぎるのだ。

どうしてこういうことから抜け出せないのだろう。

人からの見え方を気にしないことなんて私にはもう無理なのだ。

今迄どれ程変えようとあがいてきたことか。
それでも叶わなかった。

だから自分で満足できる域迄リハビリしていくしか道は残ってなさそうだ。

今は社会に出たばかりで慣れていないのだから感覚が鈍いのは仕方がないのだ。
失敗しても繰り返しトレーニングし続けるのだ。

そして、なんとか普通の域に到達したいのだ。

明日からまた頑張ろう、ちょっと工夫しながら。

だって今はそれしか出来ないのだから。

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。