Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間の価値は…

アインシュタインの言葉に

「人間の価値はその人がどれくらい自分自身から解放されているかによって 決まる」

というのがあるらしい。

彼がどう言うことを意味してそう言ったのかは解らないが、私はこの言葉からこんなことをイメージした。

これって
「知らぬ間に自分が作り上げてしまった枠から
開放されること」
だよね?と。

人間って勝手にいつの間にか枠をどんどん作ってしまう生き物だからね。

そういう先入観や固定概念を打ち破るということだよね。

枠からの開放

わかる気がする。

もっとよく考えると

枠は作ることにも意味がある。
そして、そこから開放される様に頑張ることも意味がある。

そして更にはこうも考えられる。

ただ最初から自由で開放されているのではあまり価値は高くない。
沢山の枠を作り、それを一つ一つ開放していく
そこにこそ真の意味があるのではないだろうか…と。

例えば美的感覚とかね

「綺麗だなあ」

と心を打たれ
最初はその感動をさらに追い求めて彷徨う。
でも、その心の打たれを分析して
理由も解らず翻弄される様なことは避けるようになっていく…とか。

美しいものに感動するのは楽しいことだけど
美しいものに支配されて自発的に思考する自分を失うのはいいことではないから。

感動は心地よいけど
感動に囚われて自分を失くすのは危険なことだから。

自分自身の思考する意識は常に確かでなければならない(…と私は思う)

自分自身からの開放とは、
単に自分の欲から開放されることを意味しているのではない気がする。

より冷静にフェアに、客観性を持つことに近い気がする。
でも自分が作った枠はそれを枠だとすら意識していないから、まず枠の存在を認識して、それを取り除いて…という作業は中々大変だろうと思う。

だからこそ、その大変な作業を成し遂げた者には人としての価値が上がる…と表したのではないだろうか。

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。