Entries

取り組み中の工夫


私は今迄、ずっと薬を憎んでいました。
私に薬を使わせた人達を恨んできました。
これまでの酷い状態は全て薬に原因があると思ってきました。
今もそういう自分を恥じるつもりはありません。
それ相応のことはあったからです。
この見立ては私の場合ではまず間違ってはいないと思います。
そして、この先も多分一生、薬を使うことは無いと思います。

でも、最近少し心境の変化がありました。

何かを憎んだり恨んだりすることに専念していると、大事なことを見落とすということを痛感したからです。

今迄は良くないことの殆どを薬に原因を感じていたので、自分で出来る努力というものに余り重きを置いてきませんでした。
勿論日々辛いので、少しでもいい状態になりたいが為に色々試したりもしましたが、徹底的にやり抜くというパワーは出てきませんでした。

あと一歩のモチベーションがいまひとつ上がらないのです。

でも、自分がずっと尊敬と共感を感じていて、いつも気になっていた方がこのやり方で良くなったのを知った時、自分の目までが開いた気がしました。

私もやってみよう。

強くそう思うことが出来ました。

そして…

今、とてもいい状態を手に入れました。
まだ途中なのでもう少し経過を観察していきますが、手応えを感じています。

その方法は「食」です。

食事の仕方や内容、量などを調節することです。

ただ私の場合、生活の中で値段の張る食材を確保することや料理にエネルギーを注ぎ込めないので(ものぐさなので家族のニーズに合わせて複数の料理を用意することが負担)私に出来ることでと考えてみました。

それが咀嚼(食べ物をよく噛む)でした。

それとプラスして、
家族と同じ料理でも量を減らすとか危険そうな材料を抜くとかなら私でも続けられそうです。

そう、私は何か方法を取り入れる時、「長く続けられるか」ということも選ぶポイントにしています。

余りハードルの高い事はきっと続けられない。
そしてそれをやめた時に反動で悪化するのは避けたい。
それならば最初から出来る範囲内で徐々に治癒していきたい。
そんな感じです。(頑張る人から見れば甘いのかも知れません)

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム