Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回までの記事の振り返り

ここを読んでくださる方はアトピーの方が多いのだと思います。
でも実際どの位の割合なのかこちらからはわからないので話の展開の仕方に困る事もあります。
あと、症状の度合いもです。きっと様々でしょう。

こんなことを気にするのは、私が相手主導の話の展開をする傾向が強いことも関係があります。
前職の職業的な癖もありますが、もともと人の言動を気にする性格なので病気と仕事の癖で更にそれに拍車が掛かった感じです。(だから中々直せないのです;)

で、前回までの記事のことです。
今、大変な状況にある方には
「そんな悠長な事を、考えてる場合じゃないのよ」
と思われるかもしれないと遅まきながら気付いたのです。

そこで、私の大変な時期を思い出してみます。

考える余裕がある時もあれば、そうでない時もありました。

とにかく何とか症状が少しでも良くなるように…

それしかない時もありました。

消えない苦しみの中に居るときは、TVドラマだけが和らげてくれるものだったりしました。
そういう時はそれが“支え”ってことですよね。
僅かな感動だけが苦しみを軽減させてくれて(といっても苦しいですが)、心の支えになっている…

その時の心の更に奥にあるものはかすかな希望…だったのでしょうかね。

苦しさを通り越して無感情になっている時もありました。
あの時は息をすることで痛みの波をやりすごすことだけ…

それとは全く逆に、支えとかを考えなくてもうまくいっている場合もあります。
毎日が充実していれば、そういう事を考えたりしないかも知れません。

私がくどくど考え事をしたりブログの記事投稿に夢中になったりするように、人が何かに取り付かれたように夢中になってしまう時は、それがその人にとって“とても必要”ということなんでしょうね。

今考えていることや話していることが、相手にピッタリくるというのも絶妙なタイミングなのかも知れませんね。
それこそ、御縁…なのではないかと思います。

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。