Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のスタンス


偽りの改善は要らない
より本質の、根源的な改善を求める

より自立的で、より確実なものが欲しい

頼るものは最小限に減らしていきたい

そうでないと、どんなに積み上げても何かのキッカケで簡単に崩れるから

何が根本原因か見極め続ける

状況次第では柔軟な対処も加味しつつ、基本的にはその考えで生きていく

あとはその場合に起こるリスクにどう対処していくかという工夫だ
周囲との折り合いの付け方とか
(現在は、この対処で もがいている状態です)

これが私のスタンスです。

2016.12/9

***・・・***・・・***・・・***・・

2011.10/5
 
 管理人のスタンスを書いておきます。

私の失敗と後悔ばかりの人生の中で、
唯一これだけは成功だったと胸を張れることがあります。
それは

  脱薬 です。

これについてだけは自信をもって

 やってよかった

と、思っています。

これは長年やりたくてやりたくて、でもなかなか状況的に許されなくて、やっとの思いで実行できて、
ようやく夢が叶ったことだから、
切望して叶えたことだから、
本当に心の底から満足しています。

とは言え、勿論、物凄い大変でした。

普通の人間が一生のうちにまず、経験しないであろう苦しみをオンパレードで駆け抜けるのですから、
それはほんと、命懸けでした。
それなのに周囲からも理解されず、辛酸を舐め尽くしました。
でも、

やれてよかった…

と、思っています。

ただ!
ここからが私以外の人に重要なのですが、

 人には勧められない と思っています。

みんながみんな、私のような気持ちで始めるわけではないからです。
これは経験者でなければ絶対に想像がつかないでしょう。
いくら情報で知っていても体験は別物です。

それを知らない人が安易に飛び込んだら…
想像するだけでも恐ろしいです。

だから私は

 本人が決めましょう

ということをしつこく書いています。

人は自分が心底望んだことならば、辛くても耐えられることはあっても、
人から勧められたり、不本意だったり、なんとなくで進めてしまったことには我慢が出来ないものだと思います。
ましてや通常ではない苦しさを伴うことをする場合は本人の意志が相当必要になります。

ここでこれを書いたのも、
私みたいにやりたくてやりたくて仕方が無くて決行する人はそんなに多くは無いのかもしれないと最近感じ始めたからなんです。
やっぱり私は特殊なんだと思いました。

でも、そんなに望んでやったことでも死ぬ程苦しいのです。
だからやっぱりとても難しいことなんだと思います。

人それぞれ考え方は大きく違うと今更ながら思いを深くしています。

でも、体質はみんな違うので
想像より軽く済む人も中にはいるでしょう。
でもそれは誰にも分からないことです。
だからやっぱり、「本人が…」ということになります。


選択の余地無く、決行せざるを得なかった人は、
これは薬のこと以外の私の人生ではよくあることなんですが、
なんとか乗り越えられる為のキッカケをその都度見付けていくことで繋いでいく
ということなのでしょうね。

自分の意志からではなく、不本意なことを続ける苦痛は堪え難いものですよね。

私もいつも生きていく上で、それを乗り越えていく術(すべ)を探り続けています。

 
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。