Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受け取り方の違い

よくドラマなどで

「うっそ~
こんなお人好し、実際には居ないって
ありえないから」

と思うことがある。

先日もドラマを見ていて、そう思いかけた。
そのドラマは、笑いを狙っているのか、ちょっとバカバカしい内容のものだった。
だから当然、作り手もそれを狙っている匂いがある。
視聴者としては、ごくありがちな反応だっただろう。

でもその時の私はいつもと違った。

そっか!心の美しい人のドラマは高い志で見ないと成り立たないんだ!

と閃いたのだ。

それは新たな発見だった。
見ているドラマの質とは関係無いのだ。
くだらない内容のものからでも、大きな発見をすることはあり得る。

その物語りが夢の様な理想を描いたおとぎ話だから、嘘っぽく見えた訳ではなく、もっと人徳を積まなければ見えない世界のことだったから、という可能性もあるではないか。
例え、製作者が意図していなかったとしてもだ

今の私のレベルでは、まだそれを理解することが出来ない、というだけのことで、
わかる人にはちゃんとわかるのだ、という一つの発想だ。

かと言って、自分を叩きのめす必要もない。

私は極端ですぐやり過ぎてしまうきらいがあるけど、
この事に気付けたのは、自分なりにではあるけど、少しは成長した証なんだから。

何も無駄にはなっていない

全て意味がある

全てが繋がっているんだから

繋がりという確かな理由がある

だから卑下することも、また逆に奢ることもない。
人の美しい心のありようを、疑いの目で見ることもない。

ありのままを丁寧に受け取るだけでいいのだ。

この人にとっては
この心の美しさは必然なんだろうな。
それだけの理由があるってことなんだ。
それは経験なのかもしれないし、持って生まれた天性のものかもしれない。
そのどちらもあるのかもしれない。
どれにしても、この心が当たり前となるだけの経緯が確かに存在するということなのだろう。
それはどんなものなのだろう。
とても重みのあるものなんだろうな。
この人のこういう面に敬意を感じるな。

これでいい。

「嘘だぁ、あり得ない」

などと、すぐ意地悪に短絡的に否定するのではなく

「この人にとってはこれが必然なのか。
どうしたらそんなに優しくなれるのだろう。
その必然の経緯に興味が湧くなぁ」

でいいじゃないか。

こんなこと、普段から当たり前にやっている人には
なんで今更こんなことを書くか、理解出来ないのかもしれません。
逆に
なんでいちいち、そんな事考えるの?
「うっそだーありえない」って思うことの何が悪いの?
って思う人もいると思います。

どれがいいとか悪いとかではなく
人それぞれ立っているステージが違うんだとあらためて思います。
そして自分はどれを選びたいのか、の違いでしかないんですよね。

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。