Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が死に近い所にいる時は欲が薄くなる。
食欲も薄くなる。
性欲は消失する。(三大欲求から「性欲」と書いていますが、恋愛感情ですね)
睡眠欲も眠っている間のことが心配で欲と言うのとは違っていた様に思う。
しばし現実を忘れられる時間だから貴重ではあるのだけど、起きた時の身体の状態のことを思うとそんなに眠りたい訳でもない。

さらに進むと、あたたかい人間関係ですらもう求めなくなっている。

ただひたすらひとりの静寂を求める心地になっていた。

じっとして感覚を少しでも減らす。
その事にだけ集中している。

本当に苦しいと、ああいう風にどんどん人間の欲の様なものが削ぎ落とされていくんだろうと思う。
そして、死ぬ時は欲が殆ど全てなくなっているのかもしれない…

そんなことも感じていた。

hutonn.gif

段々元気を取り戻してくると
ひとつ、またひとつと欲が戻ってくる。

ああ、生き延びたんだなあと思う。

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。