Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そっかぁ、そうだったよなあ

今から5年半前の記事

友達ねぇ…

この頃は寂しかったんだよな

でも、時期的にしょうがなかったよね
段階があるんだもの

でもね、時が来ればうまくいくよ
うまくいく様に常に頑張っていれば

正直に誠実に相手を思いやって生きていれば

今、とてもいい友人が出来たよ

親友も出来た

長年温めてきたから、簡単に切れたりしない

お互いに心の底から信頼し合える人だよ

他にも数人理解者が出来たよ
気が合う人達だよ

地道に頑張り続けることが一番の近道だったよね

よく巷で言われることだけど、本当だったね


同じアトピーの人にこだわっていたけど
そこは違ってた
アトピーの人もいる
でも、結果的に健康な人の方が多かった

健康な人達がこわかった

でも、こわがらなくてよかったんだ

同じ病気の人でも心が通じない人もいる

この病気のことを知らなくても、心が通じる人がいる

心を柔軟に出来ると世界は広がるね

まあ、そこがとても難しかったんだけど


2016.12/21

***・・・***・・・***・・・***・・

2011.6/29

私には友達が居ない。
仲良くしてくれるすごくいい人は数人居たのだけど私の体調の所為で会うことが出来ない。
会おうとしても土壇場で「やっぱり無理そうだ」ということがある。
とても残念で堪らないのに。
これが何度も続くと次第に疎遠になってしまう。
これはつらい…けれど、仕方が無い。
アトピーではない人には、私が何故会えないのか理解出来ないだろう。
理解しろと言うのも無理な話だ。
説明はするけど「そんなこと言って本当は会いたくないのかな」と誤解されることもあるかも知れない。
「見ためなんて気にしないよ」
とも言ってくれる。
でも理由はそれだけではない。

長い闘病生活の中で色々な面で一般の人達とは差が出来てしまった。(…様に感じる)
頭の働きも鈍くなった気がするし、反射的な反応も遅い。
場に合わないおかしな対応をしてしまって冷や汗ものということがよくある。
(まあ、これに関しては、もともと天然っぽい所はありますが…;)
文章力も落ちて一発で決められず何度も修正しなければならない。

私は今リハビリ中だ。
段々社会に出て行く段階になってきている。

そう、ちょっと話はずれるけど、
ちょうど最近見た文で躁鬱の人が自殺する危険性が一番高いのは鬱から躁に移行する時だ
というものがあった。
鬱の酷い時は気力が無さ過ぎて死ぬ力も無い。
躁の時はそんな考えにはいかない。
移り変わりの時どんどん色々な事を考え始める。
だからその時が危険だと。
私が以前から自分の経験からも色んな人の話を聴きながらも感じていたことと近い。
表現の仕方は違っていたけど。私の場合はこう表現していた。
身体の具合が良くなって精神的なものはその後から少し遅れてやってくる
と。

あらためて自分に置き換えると
家に篭って居られた時は身体は物凄く辛いし不安で堪らないのだけど人との関わりに対する悩みを持たずに居られた。

でも、人との関わりを持たざるを得なくなってくると…
うーん、新たな困難が。

この位置に居るのが今の私だ。

人との関わりを長いことお休みしてしまっていたので波に乗る事が難しい。
普通に健康的な日常生活を送ってきた人達の中に入るとカルチャーショックみたいなものがある。
目の前がチカチカする。

chika.gif

同じアトピーと闘ってきた人だと救われるのかとも思うのだけど中々…
今は会う時間やエネルギーが絞り出せない。
だから私にとってネットの中の世界は開かれた窓の様なものなのだ。
希望の一筋の光みたいな。(冷や汗;)

親友…
かつて私には親友と呼べる人が居た。
人生の中でもう一度親友を得る事が出来るだろうか。

これは“ご縁”としか言い様が無い事だな。

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。