Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲れ過ぎて…

疲れ過ぎて、もう全部終わりにしたかったんだ。

そんなことを言えば普通は咎められるに決まっている。
そんなことは百も承知なんだ。
何度も何十回も何百回も考えたことだから。
自分だってこんな酷い苦しみが、しかもこんなに苦しみが長く続く身体じゃなかったらそんな後ろ向きなこと、思わなかっただろう。

根性とか性格とか、普通の人が感じる常識なんて軽く飛び越えて、身体の具合の悪さというものは生き物の在り方を大きく左右する。

性格?
変わるんだよ、そんなものは。
と言っても普通の人には到底想像付かないだろう。
性格はある程度のレベルの健康あって上でのものだということを。
元は明るく前向きで思いやりがあって、どんなに根性があったって根こそぎ奪われる。

恋愛?
そんな気は跡形も無く消え失せるんだよ。
生きるか死ぬかの絶え間ない苦しみの中では。
自分でもそんな風になるとは思ってもいなかったけどね。

お洒落?
そんなものはもっとずっと早い段階で切り捨てられる。
だから服装だ、髪型だと見てくれのことなんかを耳に入れたくすらない。
もっとずっと原始的な感覚で生きている。

生きていることの全てがどんどん闇に閉ざされていくんだよ。
で、その静寂だけが安らぎになるんだよ。

静かに海の底に沈む様に
自分をそっとして置いて

そんな感じだ

必死に耐えているんだから
これ以上は頼むから煩わさせないで

こんな感じ

もう
疲れて疲れて
疲れ過ぎて全て終わりにしたかった

「~だった」と過去形を使っているけど、今だって疲れても休めなくて、余りに疲れ過ぎると
「全て終わりにしたい」
と思ってしまうこともある。

前ほどには取り憑かれていないと言うだけで。

だから、生きることの捉え方が
アトピーやそれに纏わる薬とかのことで苦しんだことの無い人とは明らかに違っている。
同じになれっこないんだ。

幸せを感じることって
色々な要素が揃って初めて、やっと成立しているということを身をもって知っている。

本当はみんな綱渡りをしている。
そこが太い道だと思っている。
広い平地だと思っているでしょう。
でも、本当はちょっと踏み外したら深い谷底に落ちる様な危険な場所で細い綱の上を歩いている。
たまたま運よく今までは踏み外していないだけで。

そんな風に感じることが頭から離れない。

でも、それでも…
やっぱり…生きていくんだけどね。
小さい幸せもなるべく大きく感じて、精一杯自分なりに味わいながら。


補足:

昨日の記事が誰に向けたものかを言い忘れました。

また掲示板ネタですが

もう駄目だ
終わりにしたい

と言う内容(言葉は違います、ニュアンスです)の文章をいくつか以前から目にしていました。

そして私も少し前まではずっとその思いばかりで暮らしていました。

だから同じ思いをしている人に向けました。

そう言うわけで、そういう思いを今していない人には、ちょっとピンと来ない内容になっていたと思います。
もし響いた人が居るとすれば、それこそまさに私が伝えたかった相手です。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。