FC2ブログ

Entries

突然の花粉症!

昨日の夕方、突然激しいくしゃみ鼻水この激しさは花粉症?喉も痛いし頭もボーッとするから「風邪?」とも一瞬思ったけど余りの変化激しい症状に「アレルギーしかない!」と確信喉にも来るのはブタクサ、ヨモギ、カナムグラらしい今迄、秋にこんなに激しい症状が出た事はなかったなー春のスギ花粉が年々和らいできたと思ったら今度は…一応記録しておきます。後で役に立つかもしれないので。追記(2018.11/7 19:53)花粉症の症状、大...

謎が解けた!

長年の謎が解けたんですよ!会った人が変な表情をする知ってる人がそそくさと避ける顔を合わせた時、驚いたような表情をするてっきりアトピーの所為だとばかり思っていたのです。確かにそれもあったでしょうアトピーの症状も関係なくはないです。でも、それよりもっと大きな理由があったんです!   私の表情!(姿勢も含む)これ、気付けないねー自分だけでは中々、いや、絶対にああ、意味不明ですよね、わかりやすく説明しなけ...

身体の姿勢と心の姿勢

姿勢がいいことが当たり前になっている人を見ると、本当に羨ましい苦労してその姿勢を維持しているわけではなさそうだもう身に付いているだからリラックスしていても良い姿勢は崩れないそういう人達は大抵、心も堂々としている自信があって強気でいられる身体の姿勢は心の姿勢とも繋がっているあの域に達することが、この弱気な私にできるだろうかいや、やるんだ、絶対に...

姿勢矯正中の痛み

姿勢矯正、毎日続けていますが…… 大変です。前の記事から丁度10日経っています。まず、スマホを見出すと自然に姿勢は崩れます。それを崩さないようにと言うより、矯正したい目標の姿勢にして頑張るのですが、次第に崩れます。そして、最近はずっと肩を中心に全身の筋肉が痛いです。頭もグッと持ち上げているせいで痛いです。ただ、やっているからこその発見もいくつかあります。顎を引いて猫背を正すとあばらの中の筋肉に効いて...

悪い姿勢の経緯

「巻き肩」姿勢について調べていたら、こんな言葉に出くわしました。「巻き肩」という言葉があるんだそうです。「巻き爪」なら聞いたことありましたけどそれが「肩」確かにイメージしやすいですよね肩が前に倒れこんじゃってるんですね巻き込んじゃってる感じでああ、私、これだわ…胸とかが勝手に引っ込んじゃってるそれに加えて「いかり肩」なで肩の反対です真横に尖った感じですこれね…色々な要因が長年に渡って積み重なって出来...

新たなショック!

肌のことにばかり囚われていたけれどもっと差し迫った問題があった姿勢だ姿勢に関しても、このブログで随分昔から書いていた姿勢修正にも取り組んできた(過去記事もある)でも達成ならずだった一年前、何気なく立っていた所を写真に撮られた(子供が撮ったんですけどね)愕然とした姿勢が酷過ぎたいつの間にこんなことに?アトピーが酷くなって写真には極力写らない様にしていたが「どうしても」と言う時は気合を入れて写るように...

目の周りのシワ

また、過去の記事から引っ張ってきました。目の周りのシワ、大分良くなりましたよ!確かに時間は掛かっちゃいましたけどね。(7年8ヶ月)前は本当にひどかったんですよ。瞼も「しわしわ」と言うより「しぼしぼ」という感じで目の下のシワも多かったですね。それから考えると、今は随分いいです。目と目の間(鼻の付け根)の横ジワはまだ残ってますが日によって薄い時があります。あと、顔のシワで気になるのは口の上、鼻の下の部...

汗が出やすい体質に変化した

汗が出やすい体質に変化したのです。もう長いこと、汗が出にくい体質でした。それが2年位前からだったかな段々、出るようになっていって…去年辺りからは猛烈に出るようになったのです。それはもう、ポタポタと滴り落ちます。夏、洗濯物を干してる時なんかもう大変その作業だけで一度着替えないといけないくらいそして、汗の出方と連動する様に、肌はどんどん良くなっていきました。2018.10/6 18:33ーーーーーーーーーーここから下...

いざとなると

相変わらず、過去記事を読み直しています。「おかしい所は修正する」と前回の記事でも書いたのですがいざとなると消せません。当時は当時として記録しておきたい気持ちも出てきます。「あらあら、こんな事 書いちゃって〜」とは思うのですが、それもまた愛おしいような…バカな事に時間を使っていますが、役に立つこともあります。当時、一生懸命やっていたアトピーの改善法など今はすっかりやっていない事ももあります。一時的に効...

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿経験者です。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム