Entries

スポンサーサイト

え?そうだったっけ?

2012.3/19 今から5年前の記事です。「治った」と、言っていいくらいだと書いています。   え?そうだったっけ?そんなにいい時期ってあったんだっけ?しかも5年も前にずっと、スッキリしない状態で、たまにちょっとマシな時もあるくらいの認識ですけど。多分その直前の悪化との比較なんでしょうね。酷い時を抜けると、とても楽になったと感じるからでも、昔の様に完全に普通の人と同じぐらいの状態まで戻れたわけではないので...

“身体が赤字”

2011.7/5に書いた記事です。再投稿します。(2017.2/17)***・・・***・・・***・・・***・・ 今回は何の事かは敢えて書かない。人に勧められる事ではないから。真似をされても困る。もしそれで失敗しても責任が取れないからだ。でも、判る人には判るだろう。自分で決意して頑張った人と共感できさえすれば、それでいいと思っている。今、当時を振り返る。あの頃、こう感じていた。   「身体が赤字だなぁ…」アトピ...

シワという人生の勲章

2011.2/17 の記事丁度、今日は2017.2/17まる6年前だ★コメントを付けていきます。***・・・***・・・***・・・***・・年齢と美しさの関係のことを最近のテーマとして考えたのはアトピーや薬の後遺症によって出来たシワのことを考えていたからだった。早くシワを薄くしたいシワをとにかく消したいこのシワはいつになったら消えるんだろうそんなことばかり考えていた。たまに会った身内から、身内ならではの気安さからだ...

大事なこと

2016.12/27の記事に書き足して投稿し直します。最初に出したのは一ヶ月半前です。2017.2/10同じ失敗を何度も繰り返してはいけないたったこれだけで、どれ程人生をロスしないで済むことか余りに詰めが甘過ぎたと反省「絶対に繰り返さない」という真剣さが足りなかったみたいだすぐ忘れて、ラクな方に流れるこれじゃあ、いつまで経っても変われない「多少失敗しても、大したことじゃない」と思っていたんだと思う「そんなにキチキチ...

自分の姿を恥じてはいけない

2016.12/23に追加修正したものに、またここで★を付け加えます。2017.2/10私、アトピーによる容姿の事で、気持ちを乱されるのは卒業しようと思います。(★そう言い切って、スパッと出来たら苦労はしないんだよね2017.2/10)下にある6年前の記事を読んで思っています。もう、いい年齢になったのだし(★いやあ、歳は関係ないんだよね〜 2017.2/10)周りを気にしてとか過去のよかった時代を思い出してとか今を嘆く材料にすることから...

容姿を嗤うな

人の容姿を嘲笑う様な気持ちは、絶対に持ってはいけないかなり重い、強い言葉だが、今日はハッキリと言いたい今、世の中は商業主義で、物を売る事が優先である都合上、容姿を優先しがちだ人の容姿を嗤うことに躊躇が無い場面にも出くわす言われた人も、場の空気を保つ為に笑っているけど、内心はどうなんだろうより綺麗に、より清潔に、よりお洒落に、もっと、もっと、もっと…人より上の立場になって、優越感を得たいが為にでも、...

インド女性への思いと犯罪心理

終わろうと思ったのに、結局考えることが止まらなかった前記事「ここ最近のテーマから」自分の中で答えが出ていないからだ思えば、私は子供の頃から、平等とか人権問題に対して思いが強かった考えたことを続けて載せることにするインドで、女性をこんなにも酷い目に遭わせても許されるという考え方が広まっているのは何故か色々調べて、歴史的背景(戦争や侵略や宗教など)はわかったが、それでもやっぱり不思議でならないまだ納得...

ここ最近のテーマから

 あれから更に調べてわかってきたこともある書き出したら止まらなくなりそうな世界だったある日突然、美しい女性が直視することが出来ない様な姿に変えられてしまう猟奇的な事件それがある地域で多発していたここ最近のこの件絡みの記事はカテゴリー「差別を破壊しよう」に纏めてあります。もし気が向いたらこちらもよろしくお願いします。でもここはアトピーのブログ本流から外れてしまうので、最近の一連のテーマはここで一旦区...

被害者の戦う勇気

差別を無くすことについて前の記事「何故逃げ出さないのか」から続いています。虐待の問題の基本なんだけど被害者本人が立ち上がらないと、変わらないって法則がある周りの人がどんなに助けようとしても本人の気持ちが何より重要これが無いと何も動かない長年の恐怖政治の所為で、骨抜きにされてしまっていたら立ち上がる気持ちすら持てないよねそういう気持ちになることすら、怖くて出来なくなってしまうそれ程、強い力で抑圧をさ...

何故逃げ出さないのか

インドの位の低い人達は何故外国に逃げないのか前の記事から続いています。「差別社会の闇」お金が無いのもあるけど一番は宗教で心まで縛られているからだカースト制をうまく行かせるために宗教の力が大きかった彼らの世界では現世の階級は、前世の行いで決まっているというだから、現世で低い位になったものは苦しみに耐えて、労働に勤しんで悪かった行いの罪を償うのだとそうすれば来世では位が一つ上がりまた頑張って頑張って来...

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。