Entries

スポンサーサイト

闘病は格闘技に通じる

闘病は格闘技に通じると、思ったのでした。自分の肉体全てを使い尽くしての命を賭けた闘いだとすれば、これだけ辛くて当然です。でも、逃げるわけにはいかない立ち向かうしかない今年の春、武道を始めて、形だけではなく対戦をしなければならないと知った時   … とても恐かったです。そんな経験は今まで何十年、全く無かったのですから。そういうキャラクターでもないし、普段の私を知る人も想像がつかないでしょう。でも、練習...

症状悪化と“良”化

2011.12/28(5年前)の記事を振り返って2016.12/30の今、書き込んでいきます。書き込み部分には★を付けます。古い方の出だし部分には☆を付けます。では以下から始めます。☆11月半ば頃から1月に掛けては肌が一番乾燥する時期です。そう、丁度今です。★一度、この時期でもいい年がありましたが、それ以外では毎年そうです。☆でも私は何もしないことにしています。確かに肌は乾燥して大変なのですが、何かを付けると敏感になり過...

馬鹿にされたと感じた時は

過去の記事、言いたいことはよくわかる自分の過去の文だから当然だよねだけどこれじゃあ自分以外の人には伝わらないよねって思うことがよくある自分に対してだとキツイことがバンバン書けるそのぐらい鞭打った方が効果があると思ったりもするでも、ブログは多くの人の目に触れる自分自身へのメッセージとして書いたものを公開するのはマズイ人に読ませて面白い記事か?役に立つのか?傷付いた人が痛みを和らげるのに役に立つならそ...

脱ステのことで驚くことがある

この記事の下の方にあるのは6年前に書かれたものです。そう、当時こういうケースを見掛けたのです。脱ステで検索すると沢山上がってきますが、その中で「プロトピックを使って脱ステしています!」というものが数件ありました。「あちゃー」と思いました。おそらく病院で「脱ステしたいんですよ」と言うと「じゃあこれ使ってみて」と渡されたんだと思うんですよね「これはステロイドじゃないから」「ステと違って副作用が少ないか...

一番の親友

重度のアトピーを長いことやっていると対人関係が大きく変わります。まず、自分のキャラクターや立ち位置が大きく変わっているし人からの対応も健康だった時とは全然違うものになります。過去、随分打ちのめされましたよそして、それまではどれだけ人が自分に気を使ってくれていたのか知りましたそして、自分からは人に気を配れていなかったということもそのせいで嫌な思いをした人がいたであろうことも親友…この記事のタイトルに...

生まれ変われそうな予感

この記事の最初の投稿から今までの約2年間でこの記事のタイトルにある様に生まれ変わることが出来たのかこの後も自分に対する色々な発見をした当たり前だと思い込んでいたことが他の人達の基準から大きく外れていてそれが自分を苦しめていたこととか信じてやってきていたことが実は取り越し苦労で却ってマイナスになっていたこととかそして、発見した結果まあ、楽になれたんじゃないかと感じている気にし過ぎの気の抜き方というも...

咀嚼、ふたたび

咀嚼…何度挑戦して、何度挫折してきたことか再開して初めのうちは気を付けていても、いつの間にかやめてしまっている時間が掛かるし、口が疲れてくるこれを完全に身に付けて放さないためには、一体何が必要なんだろうこれに注目しながら、また取り掛かることにする2016.12/24***・・・***・・・***・・・***・・2012.2/1今日から2月です。また咀嚼を始めることにしました。いつも最初は頑張るのにまどろっこしくなっ...

具体的方法

前記事「近くにいる」の続きで、具体的方法を書いてみます。まず、メンバーの中でその地域の代表になる人を仮に決めます。例えば私なら茨城県県南なのでその地区の代表になるとします。別のAさんは北海道代表Bさんは沖縄代表という風に…で、自分のブログやツイッターのアカウントでアトピーの会のこの地区代表と自己紹介します。そして、それぞれでその地区近辺の人達からのアクセスを待って貰います。何故これがいいのかというと...

近くにいる

昨日の記事「今の所は構想だけ…」の昨日の日付部分の最後に書いたおまけについて話します。この小さな試みから進めていくと近くの仲間とこそ、コンタクトを取れるようになる!ということなんです。これ、現段階ではとても難しいです。私の経験上、アトピーの仲間とは最初に顔の見えないネットの関係から入るのがほとんどでした。なので、住んでいる場所もとても遠かったりします。子供の頃からの知り合いは有りなんですけど、大人...

今の所は構想だけ…

勢いであげてしまった11/20の記事「夢の様な構想」の最初の一歩です。夢物語としてならいいのですが、現実的に検証してみました。(ここら辺、私の「冷静と情熱」ですね。映画の内容はよく知りませんが)その結果をあげておきます。ではまず、この構想の問題点をあげてみます。<病状激変時>まず、医療ではないので、激しく悪化してしまった時にどうするか本人の意思とは言え、もしも取り返しのつかない事態になったら…この企画の...

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。