Entries

スポンサーサイト

自分の身に起こった事だけがたったひとつの真実だ

「自分の身に起こった事だけがたったひとつの真実だそれ以外は本当なのかどうか解らないのだから」これは、2011.2/3(今から6年前)に投稿した記事です。今でもやはりそうだと思います。自分の身に起こった事は紛れもない真実です。それ以外の事は、真偽を究極に突き詰めていけば、見たり聞いたりしただけで、本当に起こった事なのかはわからないのです。事実を隠されて伝えられている可能性も無いとは言い切れません。真実を見抜...

よい感情の積み重ねは健康を作る。

良い感情の積み重ねは、健康を作る成る程なあ…これは6年前に書いています。下にあるのが元の文です。それについて、今の気持ちで書き足していきます。「よい感情の積み重ねは健康を作る。」うん、わかるそうだろうと思う感情が理想的だと心に対してだけではなく、身体に対してもいいだろう「感情は刷り込みによって作られたもの。」そう、感情も元々は経験から学ぶものだ人間は生まれた時、まだ快と不快ぐらいしかないのだと思う...

いい時も来るさー

こうやって長く続く辛い時をずっと自分を励ましながら、なんとかやり過ごして来たんだね…振り返ると随分歩いて来たんだね「もう無理」「もう進めない」と思っても、また歩き出して来たんだねよく頑張った確かに乗り越えればその都度、小さないい事もあったもんね楽しい事も感動もあったもんねこれからも、なんとかその都度、頑張るんだろうね2016.12/12***・・・***・・・***・・・***・・2010.12/8いい時も来るさー現...

最善の道

過去の自分の決断と実行したことは変わらない、絶対にそれはどんなに頑張っても、変わることのない事実なのだその上で、それを一番いいイメージで捉えるにはどうしたらいいか探るしかないそれによるプラスにはやっぱり目を向けたいマイナスも感じるだろうけど、プラスも忘れちゃいけない過去を今とこれからの自分のプラスにしようとする工夫を忘れないでいたい2016.12/1***・・・***・・・***・・・***・・2011.9/15別...

今日は哲学的なアプローチ

6年前の記事を読み返して、コメント付けて投稿し直しています。この過去の文章にはそこはかとなく世間への憤りや挑みが感じられますが、この時私は『治療法の選択一つにも、その人それぞれの生き方が表れる』ということを言いたかったのです。それはとても重いものです。その人の人生を背負っているものですから。だから、その人の一部しか知らない他者が簡単に口出し出来るような種類のものではありません。そしてその思いは今も...

自己研鑽

自分に良くしてくれる人は確かに嬉しい気持ちいいでも…そういう人とばっかり過ごしていると   成長出来ないんだよね…手厳しいなとか、感じがよろしくないなとかそういう相手もすごく必要なんとかしようともがくと自分の能力が開発されるからね思いもよらない戦利品が手に入ることがある ...

「あなたは何者ですか?」

自分が何者かを掴むということ…について考えてみました。「あなたは何者ですか?」こう訊かれたらなんと答えるでしょう…言葉に詰まる人は多いのではないでしょうか。私も一言で答えるのは難しかったです。この問いに対する答えは、場面場面で変わることが多いのだと思います。例えば「私はアトピーです」「私は子供を持つ母親です」「私は中年女性で、こんな仕事をしている者です」「私は非常に疲れやすく体力に自信がありません」...

精一杯

あとは自分がやった事に対して自信を失ったりしないようにするこれが本当に多いんだ、私はでもね、恥なんかかくさ、人間だもの恥が怖ろしいとしたら、自分が恥に厳しい目を持っているってことでもあるだったら他者の恥に寛大になればいい恥をかくことで一々地獄の底まで落ち込むような思い悩み苦しみは要らないやった後でくよくよ悩むのをやめるその時の精一杯でやったことなんだから後から「やらなければよかった」などとは考えな...

子育てとアトピー克服は似てる

 子育てのトラブルにぶち当たっています。はー大変だぁと思う。…で、思う。子育てとアトピー克服は似ている…と。どちらも自分にはとても出来ないと思うことをやらなければならない状況に追い込まれる。そして、「もしかしたら私にも出来るんじゃないか?」と閃いて、実際にやってみたら出来たりしてそして、やっと一歩進める。そうすると今度はまた新しい問題がやってくる。私はサーファーではないからこういう例えはどうなのかと...

人はね、

人はね、自分が心底正しいと思っていることにしか頑張り続けられないよ。そういうものだよ。心底信じていないことにでも、一時的になら頑張れるよ。でもそれがずーっと、何年も、何十年もとなった時には…長いことずっと続けられたということは、心底信じていたという証だね。特にそれが強い困難を伴う様なことの場合は尚更。その人の生き方を見れば、その人が何を強く信じているかは解るよね。...

Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿継続中です。
現在は別のサイトで心理カウンセリング事務所を経営しています。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。