FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を出しました。

20181227003442223.jpeg

念願だった本の出版をしてしまいました。

とは言っても紙に印刷された本ではなく
kindle版のみなのですが。

それでも私にとってはここ迄来ることが、大きな夢でした。

真剣に書こうと決めてから、もう5年も経ってしまいました。長かったです。

もし気が向かれたら
表紙だけでも見てやってください。

Amazonで「瑠璃色 アトピー」と、ご検索をよろしくお願いいたします。



タイトルは

さなぎになった人 奇跡の生還」 です。

副題として

「 重症アトピー克服日記

 アトピーの苦悩と哲学の融合 」

と付けています。

      2018.12/24

またしても…

子供の学校が始まりました。
ところが、

さっそくやらかしてしまいましたー!

新学期が始まる日は荷物が多いです。
私は子供が登校班で集合する場所まで毎朝送っているのですが
子供たちが集まって出発するまで荷物を持っておいてあげることにしました。
家を出て、歩いている途中から私がずっと持っていました。

ところが!
お母さん達としばらくぶりに会い、話に夢中で、子供が出発する時に荷物を渡し忘れていたのです。
「行ってらっしゃーい」と手も振ったのに。

そして事に気付いたのはお母さん達と一通り話してやっと一人になった時。

「ねえ?今、私が持っているのはなあに?」

ガーン!!

慌てて学校へ走りますよね。
寒い中、白い息を切らして。

が、時既に遅く…
そう、その荷物の中には上履きも入ってたんですよね〜
もう、子供は職員室で忘れた子用の上履きを借りた後でした。

本当にこういうボンヤリ、やめたい…
「財布を忘れて〜ゆかいなサザエさん♪」
じゃないんだから!!

mixiデビュー

友人が私の本をmixiで紹介してくれました。
私が本を作るにあたって、話を聞いて応援してくれた方です。
この方も本を書く方なので、とても励みになっています。
いつもありがとうございます😊

そこで!
これを機に前から気になって手を出せずにいたmixiにアカウントを作ってみました。

私のアカウントにはこちらから行けるみたいです。
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=66786557

今、試してみましたが、mixiのアカウント持っている人じゃないと、先に進めませんでした。
mixi登録していない方には、不必要な情報ですみません。


kindle版改訂版の配信について

やってしまいました

誤字脱字

章立て文字の位置

仕切りの線の形のミス

改訂版を翌日25日に出しました。

調べまわった結果、おそらく自動配信はされないと思われます。
「日本ではなされない」とありました。

即日のご購入者様には大変お手数をお掛けいたします。

アマゾンのカスタマーセンターでメールを選択し
以下の文章をお送りください。

・・***・・・***・・・***・・

kindle改訂版の入手について

情報

1. 利用アプリの種類 :★ここにはお使いのアプリをご記入ください
 (例:Kindle for Android、Kindle for iPad/iPhone)

2. 今回生じた問題の詳細
:電子書籍の自動更新がなされない

3. 希望する対応
「さなぎになった人・奇跡の生還: 重症アトピー克服日記」
ASIN: B07MNHJ5B4
の改定版をダウンロードしたい

以下の点について了承します。
・訂正版では、これまでのハイライト、ブックマークおよび読み終えた最後のページの情報はすべて削除されます。
・訂正版では、メモを記録した位置No.が一致しない場合があります。

・・***・・・***・・・***・・

その後、しばらくすると(15分位だったと思います)アマゾンからメールが着ます。

メールの後、1時間で、自動的に配信されました。

認知症かも知れない

「認知症かも知れない」

これは、私にはずっととても恐ろしい心配でした。

認めたくなかったんです
薄々感じ取りつつ、抵抗してました
認めると益々そうなってしまいそうで

元々若い頃からおっちょこちょいで、
時々スカッと待ち合わせの約束を忘れて青くなったりする事がありました。
だから、
「元々の性格の問題でそう深刻なものではない」
と思おうとしていました。

重症アトピーで寝たきりだったり、引きこもり生活だった時期も長いので
そのせいで脳の働きが鈍っているだけだから
とも思っていました。

でも、どうやら「何も無い」ってことはない気がします。

頭にモヤが掛かっている感じです。
いつも「晴天」と言う感じにはなりません。

まず、記憶力が半端なく低下しています。

例えば
車検の予約を入れたとします。

その後、何か急いでいる事があって
スケジュール帳に入力するのを後回しにしてしまったとします。

で、子供の歯医者で次回予約を入れた時に

「あれ?同じ日に何か入ってた様な気がする」

と思うじゃないですか
(と、聞かれても困りますよね、そうだったんです)

でも、その場では予約を入れてしまって、
後から
「なんだったっけ?」と考えると

「あ!そうだ!車検だわ」
と思い出します。

歯医者とスケジュールがかぶっちゃうか?

でも、時間を決めたという記憶が曖昧で
そう、話の中で
「日にちだけ決めときますか」
「当日近くなったらもう一度お電話しますのでその時に」
みたいなやり取りがあったのでそっちの記憶に引きずられちゃったみたいです。

更に、家族と話した時に
「時間は後から決めたりするよね」
と話したものだから、益々そのイメージが強められ
時間を決めた事は頭から消えてしまいました。

ところが!
電話横に置いてある過去のメモを見たら日にちの書いてあるはじの方に
時間が2つくらい候補で書いてあるんですね。
と言う事は、多分時間の事も話に出たってことなんです。

「話してたのかー」

こうですもん。

メモを見落とすのは緑内障も関係あるんです。

回覧板の一番上の肝心な情報を見落としたことがあります。
他にも似た様なことかあります。

もうなんか、ガタガタです、あちこち、あれこれと。

でも、それでも
なんとか工夫してやっていくしかありません。
今後はこれについても書かせて頂くことがあるかもしれません。

今回は巨大爆弾💣を投じてしまう気持ちで載せました。


追記(2018.12/27)
これもまた、いつものように
改善の為の独自の実験してみます。
結局私はこればっかりなんですけれどもね。


次々と課題

生きていると、次々新しい課題が飛び込んできますよね。
その都度、選択を迫られます。
本当に悩ましいことです。

… がっ!

あれ程の大きな選択(脱ステとかそれを継続し続けることとか)を乗り越えてきた事が
大きなプラスになっているとも感じます。

あれを越えると、相当に打たれ強くなっていますもんね。

特に、逃げたくても逃げられない事に立ち向かうチカラとか…


また、謎な事を書いてしまいました。

「具体的に書いてくれない?」ってほうぼうから言われてるんですよね。

でも、具体的な事って、書くの躊躇っちゃうんですよね。

でもそれだと読むほうは堪りませんものね。

子供の進路のことです。

肌の状態、キープ

ほんの一週間程前
12月とは思えない暖かい日があった
日中、暑いくらいだった

そして昨日は急激に冷え
今朝は更に冷えた
霜が降りた

そんな中の肌の状態

いつもの12月とは比べ物にならない位いいです。

今迄ならこの時期、家の中でも何かで顔を覆っていました。

外気に直接晒されないように、と。

皮膚の断片が粉のように落ちて落ちて大変でした。

今も多少はカサカサしてますが、私にしてみたら全然許容範囲です。

そんな中、前に書いた
このブログの過去記事を振り返りってまとめる作業をしています。

http://atopinakama.blog112.fc2.com/blog-entry-941.html

もう暫くしたら、表に出せる形になりそうか

いや、まだかな…

読んでいると
「これはダメだな」
「わー、こんなの出せない」
そんな事ばかりです。
でもダメ出しばかりしていると残る記事が無くなります。
ある程度は割り切らなきゃいけないんでしょうね。

何を残したくて
何を残したくないのか
迷いながら読み返しています。


あ、姿勢矯正も何とか続けています。
でも、最初の頃よりは甘いですね。
頑張ってる時間が短くなっています。
また気を取り直さないと

… 今はそんな状況です。

気絶したことありますか?

気絶したことってありますか?

私は先日、生まれて初めて気を失うという体験をしました。

それに近い事はあったのですが、完全に意識を無くしたのは初めてです。

気付いたらトイレの床に倒れていました。
(トイレっていうのが、なんとも残念ですよねー)

とは言っても、脳の関係での失神ではないので
こんなに呑気にブログに書いたり出来るんですけどね。

少し前から便秘がちで
でもその日、外食して結構沢山食べてしまって
お腹が嫌な感じだったのですよね。

で、夜中にトイレに行くと、猛烈に気持ち悪くなってきて
「うわー吐きそう、もうダメ」
となった所までは記憶があるのですが
そこから先は消えていて
気付いた時には床でした。

「え?私、今、これって横になってるよね?
トイレに座ってないよね?
えー?!」

って感じでした。

気を失う前は
顔や頭の血の気が引いて
特に唇とかが冷たくなったのを覚えています。
肩の辺りまで冷たくなっていった気がします。

これで何も情報を持っていなかったら、とても心配になっていた所ですが
以前、こういう経験談を知り合いから聞いていたので
「ああ、あれか」
と思えて、それが少し支えになってくれました。

その後、ネットで調べたら
「迷走神経反射」
という名前が出てきました。

倒れた時に何処もぶつけずにスルリと着地出来たようで良かったです。

痛い所はありませんでした。

しかも驚いたことに
スリッパがキレイに横に並んで寄せてありました。
まあ、不思議!

元々貧血気味で
足を踏み外して階段を数段落ちたりした時に
その後貧血の様な状態になって顔面蒼白になって立っていられなくなったりしたことがありました。


あ、今思い出しました!
このブログにも書いたのですが
クローゼットの戸に引っ掛けて足の親指の爪を剥がすという怪我をしたことがあったのですが
その時も貧血になりました。意識は失わなかったですけど。
これです、これ
http://atopinakama.blog112.fc2.com/blog-entry-701.html

そして、おまけのその後
http://atopinakama.blog112.fc2.com/blog-entry-709.html

過呼吸になったこともあります。
腹痛で病院に行ったら盲腸で
「今からすぐ手術します」
となった時に動揺してなりました。

つまり…
元々の貧血気味にプラスして、動揺に弱いってことみたいですね
血圧も相当低いんですよ

まあ、日頃の生活の中で、なるべく工夫して対処していくしかないので、意識して頑張ります。


突然の花粉症!

昨日の夕方、突然激しいくしゃみ鼻水

この激しさは花粉症?

喉も痛いし頭もボーッとするから「風邪?」

とも一瞬思ったけど
余りの変化激しい症状に
「アレルギーしかない!」と確信

喉にも来るのは

ブタクサ、ヨモギ、カナムグラ

らしい

今迄、秋にこんなに激しい症状が出た事はなかったなー

春のスギ花粉が年々和らいできたと思ったら今度は…

一応記録しておきます。
後で役に立つかもしれないので。


追記(2018.11/7 19:53)

花粉症の症状、大分治ってきました。

初めの3日が激しくて、後は段々らくになりました。


謎が解けた!

長年の謎が解けたんですよ!

会った人が変な表情をする
知ってる人がそそくさと避ける
顔を合わせた時、驚いたような表情をする

てっきりアトピーの所為だとばかり思っていたのです。

確かにそれもあったでしょう
アトピーの症状も関係なくはないです。
でも、それよりもっと大きな理由があったんです!

   私の表情!(姿勢も含む)

これ、気付けないねー
自分だけでは中々、いや、絶対に

ああ、意味不明ですよね、わかりやすく説明しなければ。
こういう事なんです

いつも写真写りのいい人がいます。

でもその人は普段、不機嫌そうで感じが悪いです。
「怒ってるのかな?」という感じ
「私の事、嫌いなのかな?」とも思っていました。

でもその方、写真だけはいつもとびきりの笑顔で写っています。

こんないい顔出来るのに

「不思議だなあ」と思っていました。

でも実は私もそれだったのです!

これ、本人は気付けないものなんですよ

きっとその人も気付いていない

思い起こしてみると、他にもそういうタイプの人はチラホラいます。

怒っているような表情で、でも挨拶した瞬間はすごくいい表情になる

怖そうに見えるけど、何かの時に話したらすごくいい人だった、とか

ああそうか、あの人も、別のあの人もそれだったのかも知れない…

人は自分の本当の姿を知らないでいる事が多いのかもしれない

自分を知るのは鏡、写真、ビデオ、人からの反応

自分の見る自分の姿は
写真やビデオを構えられた時のもの
顔もそう

普段何気なく過ごしている時の自分とは全くの別物

写るってことを知らない時の自分を偶然写されないと永遠に気付けない

「もー誰か教えてよ〜」
と思いますが、そんなこと、どうやって教えたらいいんでしょう。
教えても伝わらないでしょう。
それどころか相手を怒らせます。

本人に見せるのが一番

ずっと変だなと思っていたんですよ

なんで偶然出くわした知り合いに避けられるのだろう
なんで、嫌な顔をされてしまうのだろう
本当に謎でしたし、悩みました。

ずっと、アトピーの所為だとばかり思っていたんです。
思い込んでいました。

でも、それは正確には違っていました。

病気でいつも苦しくて対応が変わってしまったので、病気の所為ではあるのですが、
病気そのものを避けられているのではなく、その異様な雰囲気に近寄れない
触れてはいけないような空気を放っている
そういう事だったのです。多分。

それ程、私が見た普段何気無い状態の時の私は異様な雰囲気でした

自分ってこんななんだと

そう言えば、普通にしている時に子供から
「なんで怒ってるの?」
と言われたことがありました。

小さな子供が逃げたか隠れたかした時
他の子から
「怖いんじゃない?」
と言われたことも

「あの“変な”お婆さん、誰?」

あれも、

本当に何というか変だった
異様な雰囲気があった

ってことだったのです。

そこで子供に聞いてみました
「怒ってるみたいに見える?」
もう慣れっこになっているから分かりづらいかもしれないので
「このくらいなら怒ってるように見えない?」
と、自分では笑っている感じにして訊いてみました。
「うん」
「じゃあ、これだと?これは笑い過ぎだよね?」
「ううん、ふつう」
「えー!こんなに笑ってて普通なんだー。うーん…」

私にしたらそれはかなり笑い過ぎな感じでした

そんなにか…

じゃあ、相当笑わないと怖いんだね

発見でした

姿勢を直すのと同じか、それ以上に大変な修正になりそうです。

参りました

でも、直さなければならないことです。

その気持ちで鏡に向かってみました

鏡に向かう瞬間、相当力を入れて笑顔を作っていることを発見しました
姿勢もです

もう無意識になっていたので気付けませんでした

そっかあ、そうだったのか…


自分には関係無いと思っているそこのあなた
あなたは本当に、自分の普段の姿を知っていると
自信を持って言えますか?

なんちゃって〜;


Appendix

プロフィール

瑠璃色

Author:瑠璃色
『あとひといきの会』の管理人
瑠璃色です。
重症寝たきりアトピーでした。
脱ステ脱プロ脱保湿経験者です。

※ 当サイト内の全ての動画、画像、文章は無断転用禁止となっております。

カテゴリ

Twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。